ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&装備 >  【コラム】 登山とマイクロSDカードの相性問題 【旅行】

【コラム】 登山とマイクロSDカードの相性問題 【旅行】

DSC01611.jpg

まとめ
■マイクロSDカードはカードアダプターとの間に相性問題がある
■1回でも問題を起こしたらその組み合わせは使わない方が無難
■SDカードアダプターは幾つか用意しておくこと



ここ最近、プチ旅行などでRX100などのデジカメを使用しているとマイクロSDカードでのトラブルが頻発しているので、そのことについて書いておきます。

現状ではこのトラブルに該当する可能性のある対象者はマイクロSDカードに下駄を噛ませてフルサイズのSDカードとして使用している方になります。

今この使い方をする方は「ほぼデジカメの方のみ」の筈なので大げさにかき立てるほどのことではないのですが、それでもクリティカルな環境で「せっかく持ち込んだデジカメ」で写真が撮影できないという致命的なトラブルに発展するので、対象者の方は注意を要します。

【そもそも発覚した理由】

登山ではスマホの性能が上がってきたのでデジカメをわざわざ持ち込むことは辞めてしまいましたが、それでも人によっては高性能なRX100などのデジカメを持ち込んで「スマホ以上」の画質で写真撮影を楽しんでいる方も多いと思われます。

僕は主に旅行などにデジカメを持ち込んでいますが、マイクロSDカード関係のトラブルが多く、先日遂にデジカメを持っているのに写真撮影不可になってしまいました。
旅行程度なら国内のコンビニに駆け込んで割高にはなりますがSDカードを購入すれば問題は解決しますが、登山などのクリティカルな環境ではそういった事はそもそもできませんので、せっかくデジカメを持っているのに写真が撮影できないという事態に発展します。

最初はメモリーカードエラーが時々起こっていた程度だったのですが、段々とそれが酷くなり、適切な対策を打たないとこの状態が自然と解消するということはありません。
なので一度でも「メモリーカード関係のエラー」が起こった場合、キチンと対策を考えた方が良いと考えています。

【問題を起こすのはアダプター】

アクションカメラなどのようにアダプターを介さずに直接マイクロSDカードを差し込むタイプの機器の場合はこの話は関係ありません。

マイクロSDをいろいろと検証した結果、問題を起こすのはSDカードアダプターのほうで、マイクロSDをカードアダプターを通してデジカメなどに使用してる場合、相性問題があり、問題を起こす確率が跳ね上がるということです。

メモリー関係のトラブルが起こったときに、最初はデジカメ本体とカードアダプターの接触かと思っていたのですが、どうもそうではなく、SDカードアダプターとマイクロSDカードの接触が悪くなることによりこの手の問題が発生する事を確認しました。

【マイクロSDカードアダプターのまとめ】


登山などでマイクロSDカードをSDカードアダプターを介して使用している方は、できるのならフルサイズのSDカードを使用するのが1番確実です。
もっとも問題を起こす可能性の高いSDカードアダプターを取り除けるので、余計な心配をする必要がなくなるからです。

ただし今どきの軽量な電子機器はマイクロSDカード専用の可能性が高くなっていますので、新しくSDカードを買う方の多くがマイクロSDにしてとりあえず必要なときにはアダプターという下駄を噛ませてSDカードとして使われる方が大半でしょう。

この場合の組み合わせは「できるだけハメあわせがキツイ」ものを選ぶべきなのですが、どうも製造上の公差で精度が甘い組み合わせがあり、これが相性問題に後々発展してしまうと云うことだと思います。
またメーカーによってそもそもマイクロSDの厚さが微妙に違うようで、厚さが薄めのものは特にトラブルを起こしやすい傾向があります。

僕も最初はカードアダプターの問題とは思わずにデジカメとSDカードを抜き差ししたり、接点に接点復活剤を吹いたり色々とやってみましたが、最終的な解決には至らず、そのまま使い続けると致命的なトラブルに発展して写真が撮影できない等ということがあるので特に注意を要します。

基本的にはSDカードアダプターを使用する環境で一度でもメモリーカード関係のエラーが起こったら危険だと認識して間違いありません。
その場合は SDカードアダプターを幾つか用意して組み合わせを試してみる必要があるでしょう。

ただし、今大丈夫な環境でも使用して抜き差しを繰り返していると段々とゆるくなるようなので、こればかりはなんとも言えないのが歯がゆいところです。
結論としてまとめれば、マイクロSDを他の機器と共通化して使うのでもなければデジカメなどにはフルサイズのSDカードを使う方が間違いありません。

そうでない場合はメーカー違いのSDカードアダプターの予備を必ず持ちこむようにしましょう。
これでトラブルを大幅に減らせると思われます。

そもそも初期不良でもなければマイクロSD本体のトラブルは極めて少ないというのが僕の認識なので、問題が起こる場合はカードアダプターがもっともアヤシいというわけです。

このため、登山などのシビアな環境にマイクロSDとカードアダプターを持ち込む場合、かならず予備のカードアダプターを持ち込むか、もしくはフルサイズのSDカードを持ち込んでトラブルの要素を減らすことが肝心です。








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL