ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&装備 >  登山に使えるエマージェンシーシート ABO-014 レジャーシートにも使えるレスキューシート

登山に使えるエマージェンシーシート ABO-014 レジャーシートにも使えるレスキューシート

非常時用 おおきなアルミシート ABO-014 レジャーシートにも使えるサバイバルシートです。

まとめ
★サバイバルシートよりも耐久性が有り、汎用性が高い
★単位面積あたりの重量が極限まで軽い
★かさばる



DSC03591.jpg


僕が最近の登山で常時持ち歩いて使用しているサバイバルシートがこちらです。

とにかく圧倒的な軽さです。

サバイバル/エマージェンシーシートと同じ面積なら重量は半分近くになります。
しかもかなり頑丈で、うまく使えば小石程度では簡単には穴が空きません。厚みもあるので、風が吹いていてもばたつきづらいです。

これは通常の登山ではレジャーシート代わりに使えます。

なので、普段から出番が高いです。

雪の上でも使えます。
通常のサバイバルシートは薄すぎて雪の上などではまったく効果がありませんが、こちらはかなりの効果を体感することが出来ます。
サバイバルシートをレジャーシート代わりに使っている方も多いと思いますが、サバイバルシートよりも圧倒的に長持ちします。


DSC03593.jpg


一度購入すれば相当長期間使えると思います。

厚みがあるので風にも強く、結露に気をつける必要がありますが、実用的なサバイバルシートとしてはほぼ完璧な製品でもあります。現状のサバイバルシートの欠陥を、結露を除いて解決したといっても良いと思います。

ただ結露だけは命に関わりますので、サバイバルシートの項目でも書きましたが、衣服が濡れていたり、低体温症が視野に入る温度域では注意して使用して下さい。

結露を除いた唯一の欠点は、軽いがものすごく嵩張ります。なので使用するサイズの最小限に合わせて切って使うというのが正しいと思います。

また、厚みがある為、完全にピッタリと包まるのが難しいので、熱の保温と云うことでいえば薄いシートよりも劣ります。

これは普段の登山においてはレジャーシート代わりに使い、いざというときにはエマージェンシーシートとして使用すると、ムダがなく活用できるのではないかと思います。

というのも遭難時もそうなのですが、実際のところ「地面からの冷気の遮断」は大問題で、強風が吹きまくっているのなら話は別ですが体力の多くは地面に体温を吸い取られることで奪われてしまいます。

薄い通常のサバイバルシートではこの点はほとんど無力なので、このような厚みのあるサバイバルシートを僕は持ち歩いています。

このシートは価格も安く、非常に頑丈で、汎用性もあり、軽いのでひとつは持っておいて頂きたいオススメの商品です。

【エントリーでポイント最大10倍 9月30日9時59分まで】スマイルキッズ(SMILE KIDS) アルミシート ABO-04

価格:339円
(2015/9/23 14:53時点)
感想(0件)





非常時に防寒用や毛布として使える! 2人でラクラク使えるビッグサイズ!  スマイルキッズ おおきなアルミシート ABO-014非常時に防寒用や毛布として使える! 2人でラクラク使えるビッグサイズ! スマイルキッズ おおきなアルミシート ABO-014
()
旭電機化成

商品詳細を見る


大きめを購入して、ハサミで使用する大きさに合わせて切ると良いです。
とにかく軽いのですが、とにかく嵩張ります。
その点のみ注意して、地面に体を丸めて横になったときにギリギリからだがはみ出さない大きさを最低単位として持ち運ぶといろいろと役に立ちます。







関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL