ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ガーミン/登山GPS関係/アプリ >  【最強】 iphoneで使える登山用アプリのオススメを紹介する

【最強】 iphoneで使える登山用アプリのオススメを紹介する

DSC03516.jpg

iPhoneで使える登山アプリです。
ちなみに、僕が使っているアプリのみです。

IMG_4674.png


fieldAccess2
登山地図アプリの最高峰。
これさえあれば、他には何も要らない。
国土地理院地図の陰影つき地形図が表示されるので、地形の起伏も一目で読み取れる。
高度・座標・方位角から、GPSトラックログまで何でもできる。
注意点は、圏外でも地形図をオフライン表示できるよう平時から地図の事前キャッシュを行っておくこと。
GPSのトラックログ記録間隔は選択できない。
また記録中のバッテリー消耗が激しいので、メイン使いなら余裕を持ったモバイルバッテリーが必要。

ダウンロードはこちらから出来ます。





IMG_4670.png

山と高原地図
必須ではないが、登山の事前計画には非常に便利。
水場・到着予定時間や迷いやすい場所などのチェックに。
GPSトラックログも記録可能。こちらは取得間隔を選択可能。
行動範囲の地図は購入しておきたい。

ダウンロードこちらから出来ます。





IMG_4672.png

Maps3D
Fieldaccsesとほぼ同等のアプリだが、こちらは完全3Dで地形図を表示できる。
そのため、わかりやすさが段違い。
立体で自由自在に地形を把握できる。
こちらもオフラインで地形図を表示させるためには、地形の事前キャッシュが必要。
ただ、重いアプリなので古いiPhoneだと使うのは厳しい。

ダウンロードはこちらから出来ます。





 IMG_4673.png


AR日本の山
必須ではないが、あれば楽しいアプリ。
山頂などでアプリを起動してかざすと山の名前が表示される。
知らなくても困らないが、知ることがでれば単純に楽しい。

ダウンロードはこちらから出来ます。





IMG_4667.png

NHKネットラジオ らじるらじる 非常用情報収集
電波が来ていないと役に立たないが、NHKのラジオアプリ。
登山の最中に地震のなどの異常を感じたときに、真っ先に起動する。
ラジオを持っていない場合や忘れたとき、とりあえず開けた場所で電波が確認出れば情報収集できる。
radicoでもいいが、なんといってもNHKの情報は速い。

ダウンロードはこちらから出来ます。





IMG_4676.png

TopoProfiler 高低差確認アプリ
地図上から、目的地までの距離と高低差グラフを表示させるアプリ。
これも登山の事前計画につかうと便利なアプリ。

ダウンロードはこちらから出来ます。





IMG_4671.png 
 

Here.info 経緯度測定/現在地測定アプリ
必須ではないが、念のために入れているアプリ。
緯度経度を計測することに特化したアプリ。
緯度経度は、fieldAccsessなどでも表示されるので特に入れる必要もないが、単純に垂直・水平精度を表示してくれるので、位置誤差を数値で把握しやすい。
遭難時に運良く圏内地点ならWGS84世界測地系を関係先に連絡する。
また、スピーチボタンを押すと、緯度経度などをコンピュータ音声が声で教えてくれる。

この機能は主に遭難時の連絡に使用する。
警察などに救助の連絡を入れながらこちらのアプリを起動してスピーチボタンを押すことで経緯度を通報してくれる。

ダウンロードはこちらからできます。





 
IMG_4677.png

Knots 3D
非常時のための「ヒモを結ぶ」為の辞書。
映像で結び方が解説されるので分かりやすさが段違い。
登山やキャンプなどにカテゴライズされているのも分かりやすくて良いです。
普段にも活用できる機会はあるかも知れないので入れておくべき。

ダウンロードはこちらからできます





iPhoneではAPPストアに公開されていても実際はほぼ使えないアプリもあります。
個人的に常用しているアプリのみですが、基本的にはfieldaccess2さえあればなんとかなります。
初心者の方はMaps3Dも入れておくと傾斜の状態がより明確に分かるので便利だと思います。
他にもサバイバル関係の本や食べられる野草などの本もあればPDFやkindleアプリなどに入れておくといざという時に参照することも出来ます。バッテリー問題があるので推奨できるわけではありませんが、無いよりはマシです。

アウトドアにおいてスマホのGPSを使用する場合は連続的にログを取るとあっという間にバッテリーがなくなってしまいます。
バッテリー問題は非常にシビアかつ重要なので出来るだけ長持ちさせなければなりません。
使用しないのなら不必要な機能は全てオフにし、機内モードを活用して下さい。
画面照度も最低が基本です。
GPSの位置特定も単発で特定した方が良いでしょう。

ですが普段登山記録にfieldaccess2などでログを記録するのならバッテリージャケットは非常な優れものです。
一度使うと手放せなくなるのでオススメしておきます。

こちらの記事もオススメです。
スマホ用バッテリー内蔵ケース/バッテリージャケットはオススメできるか?



バッテリージャケットというのはこういったものです。
いろいろ種類があるのでよく選んで下さい。
大事なのは容量と信頼性です。










関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL