ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ミリタリー低山登山 »MechanixWear/メカニクスウェア Original Vent Glove 登山で使うミリタリー系グローブ

MechanixWear/メカニクスウェア Original Vent Glove 登山で使うミリタリー系グローブ  

MechanixWear/メカニクスウェア Original Vent Gloveです。

まとめ
★春と秋に使える
★ミリタリー系でグローブとしてはオススメできる
★なんだか、凄くかっこいい


IMG_3453.jpg


グローブというアイテムは、気に入った物を見つけるのが難しいと思います。
登山用でこれほど迷走しているアイテムは、レイングローブと靴かなと個人的には思います。

このグローブも、特に何かが優れている訳ではなく、春と秋の比較的寒いときに限定的に使用している物です。

おそらくミリタリー系を愛する方には、説明の必要もないほど有名なメーカー、メカニクスウェアという会社のプロダクトです。
元々はメカニック用のグローブメーカーなんですが、何故か軍人に愛され、特殊部隊などでもよく使われています。ビンラディンを暗殺したアメリカ特殊部隊のネービーシールズも、突入時にメカニクスウェアのグローブを着用していました。

今紹介しているのは、このとき使われていたモノとは別種のグローブなのですが、メカニクスウェアのベントタイプで、通気性に優れたグローブです。

このオリジナルベントグローブは、夏は暑くてとても使えません。グローブ表面に無数の通気穴があいているのですが、それでも夏に使用するのは無理があります。
ですので、このグローブは真夏と真冬を除いた比較的に気温が低いときに使っています。

説明文をメーカーサイトから引用します。

このモデルは指先から掌、甲の部分までメッシュを採用している為、通気性に優れています。夏場の使用、特に自転車用のグローブとしても人気があります。人間工学を用い、立体裁断を採用している為、フィット感にも優れ、手の甲部分には双方向に伸縮性のあるSPANDEX素材を採用、各指の付け根の部分には細かい指の動きに対応する為に伸縮性の高いシンサレート素材を採用しています。掌部分には耐久性の高いクラリーノ人工皮革を採用しています。洗濯も可能です。

引用終わり

具体的な使用感ですが、まずグリップ力がほとんどありません。
クライミングで使用するわけではないのでこれはほとんど問題にならないかと思いますが、注意するべき所だと思います。
僕はせいぜいが木の枝をつかんだり、ストックを持つ程度なのでグリップ力は必要ないので特に不満はありませんが、何かをつかんでぐっと滑らないようにする用途では不向きだと思います。

耐久性は5-10回程度の使用ではまったくもって劣化した感じはありません。
洗濯は毎回していますが、毛羽立ちもよれた感じもありません。
耐久性はそこそこ強いと思っています。

このベントグローブの優れているところは、通気性が強いので、行動中の使用に適しているのと、柔らかで手を動かしてもしっかりフィットしてくるところだと個人的には思っています。
濡れても素材が非常に薄い為、乾きは速いですが、人工皮革部分の乾きはどうしても遅くなります。

最近はやりのスマホの操作も着用したままできます。導電性の糸が縫い込まれているわけではないのですが、細かな穴があいているために可能になっていると思われます。

僕の持っているタイプは、手首のベルクロ部分が内側で留めるため、時計のボタンに干渉しません。
そのため、時計の誤作動が皆無です。

このグローブをサバイバルゲームに使っている方も多いと思いますが、登山で使うのも十分に有りです。

理屈抜きにかっこいいというデザイン性の高さが感じられる製品でもあり、ミリタリー系のバックグラウンドを持っているのでその背景を含めて着用をかんがえるのもおもしろいと思います。

入手性はあまり良くないのですが、ミリタリー系登山の装備のひとつとして春秋用には考えてみても良いかと思うのです。低山なら行動中は真冬でもいけるかも知れません。その場合は保温を考慮したバックアップグローブを持つ必要がありますが、なかなかフィット感の優れたプロダクトのひとつでもあるので、ミリタリー系登山の入り口としてひとつ考えてみるのもおもしろいと思います。


メカニックスウェア VENT ベントグローブ S M Lサイズ Covert(オールブラック) Gray

価格:3,542円
(2015/1/12 05:58時点)



関連記事

category: ミリタリー低山登山

tb: 0   cm: 9

コメント

始めまして!先日このブログを発見いたしまして、とても楽しく見させてもらっています。

自分もよく軍用品を装備して登山するのですが、重かったり、無駄にごちゃごちゃしてて使いづらいこともあるんですが好きなものなのでやめられないんですよね笑

私はメカニクスウェアグローブは最近オークリーのファクトリーパイロットグローブと並ぶくらいに人気で他人と違うものを使いたいサブカル系の私は少し敬遠していたり、故郷のよく登っていた山が岩肌が多かったというのもあり合皮とクッション入り手を手厚く保護できるの自衛隊のPXで買えるメーカー不詳ながらも2000円ちょいで買え隊内で一番人気があるというグローブを使っておりました
ただ、合皮というのもあって通気性や洗濯するとすぐダメになるという点で不便なんですよね
メカニクスウェアなかなか使いやすそうですね

フジノハナ #- | URL
2015/04/04 21:06 | edit

Re: タイトルなし

フジノハナ様

コメントありがとうございます。
このベントグローブも、もう既に今の季節だと、関東では暑すぎて使えません・・・・

僕は15年ほど前にはサバゲーを楽しんでいましたので、そのときは今までのコレクションが役に立ったのですが、サバゲーを辞めてしまうと、ミリタリーを着ていくところが殆どなくなってしまいました。
そこで五年ほど前に知り合いから登山に誘われて、これならミリタリーも行けるのではないかと、そこから少しずつミリタリーを登山に取り込んでいます。
でずが、例え低山といえども、M65などは素材の関係で危なくて着ていくことが出来ず、しかも僕は体力がないのであまりにも重いとそもそもバテてしまい、どうしても着ていける物が限られてしまいます。

そんな状態ですので、制式採用品は少なくて、なんとか軽くて使えそうなモノを見つけては試しています。

今はほぼ米軍の装備ですが、本当は自衛隊の装備を使っていきたいんですよね。個人的には。

でも、陸自の個人装備はとにかく評判がよくなくて、心配していたりします。
まぁ、米軍以外の全ての軍が被服や装備に関してはとにかく評判がよくないので、陸自に限った話ではないのですが、それでも自衛隊には世界最高のハイテク装備でがんばってもらいたいというのが、個人の希望です。

すみません。話が脱線しました。

合皮の件ですが、コストの関係だと思うのですが、軍用にも登山用にもよく使われていますが、シビアな環境だと役に立たないですね。
とにかく乾かないです。

というわけで、ミリタリー登山関係はなかなか更新が進みそうもありませんが、なんとか頑張ります。

luna-luna #- | URL
2015/04/05 01:52 | edit

返信ありがとうございます
確かにM65は実物と当時のALPHAの民生品を街中では使いますが、防水性はほぼ皆無でかさばるため登山となると高尾山レベルの私服でもいいようなレベルの山が限度ですよね。雨があると怖いですし

私はサバゲーもやっていないのでただただ装備をコレクションするという日々でしたが、同じように山に登るようになってから有効活用できるようになって楽しく登山しています
ただ、時折団塊の世代あたりの方々に睨まれたり、小言を言われたりします笑。luna-lunaさんはお見受けしたところマルチカムが多いように感じましたが、自分はそういうこともありUCPメインです。ただ最近pencottにハマってしまったのでさすがに溶け込みすぎかなと思いつつ導入したくて悩んでいます
おっしゃる通りで陸自は車や戦車なんかは高レベルに感じるんですが、被服や個人装備品はビニロンだったり防水ナイロンだったり謎で使い辛いものが多いですよね、自分も主に米軍のものばっかです

フジノハナ #- | URL
2015/04/05 09:12 | edit

Re: タイトルなし

フジノハナ様

M65で雪のある冬山登山を実行した人のブログを読んだことがありますが、その方によると、雪が降っているわけでもないのに「低体温症」になりかけたみたいです。
知らない間に衣服が水分を含んで凍ってしまい、気がつかずにヤバかったみたいですよ。
その方は知識のある方のようで、寸前で低体温症の初期症状だと判断して体を温めたみたいですが・・・
まぁ。低体温症の場合、トムラウシ遭難を見ていても、初期症状無しで突然起こる場合も多いみたいなようで気をつけなければいけませんね。

おっしゃるとおり、最近は主にOCP迷彩です。
登山メーカーがOCPの実物生地を使ったモノを出してきてくれるので、比較的実物にあわせやすいというのがあるからです。
最初はACUから入ったのですが、他の装備、特にバックパックとあわせづらいので減ってきていますね。

僕は、夏はOCP迷彩でシャツと靴以外はすべてまとめていますが、特に何か言われたことはありません。
何か言われる前に、笑顔満載で、こちらから大声で「こんにちわ」と挨拶してコミニュケーションをとるようにしています。
山では最近挨拶無しで、無言で通り抜けている人も居ますが、こういう人の普段の社会生活はどうなっているんだと思いますね。
後は、僕の場合、単独がなく、相方が非常にカラフル(笑)なので、そちらの方も関係あるかも知れませんね。

pencott迷彩については知りませんでしたので、調べてみました。
実に渋い迷彩を好みますね(^_^)。
ACUを最初に見たときも、なんだこれ?と違和感を感じたのですが、そのうち「かっけー」となってきたので、見慣れてくるといい迷彩かも知れません。
ただ。イギリス軍採用となるとメジャーへの道はたたれたも同然かと。

マルチカムはやはり汎用性が非常に高いのが気に入っています。
雪面上でも一定の迷彩効果を得られますし、なによりも、僕の世代ですと特殊部隊=タイガーストライプパターンというのがありますが、その正当な系譜をひいているのがマルチカムなので、タイガーストライプパターンからインスパイアされて開発され、そのパターンが残っているマルチカムには思い入れもあります。

どこかですれ違ったらよろしくお願い致します。

luna-luna #- | URL
2015/04/06 01:22 | edit

おっしゃる通りです!
レジャーで家族連れで来るような下手したら100人以上とすれ違うような山はともかく、すれ違う時には挨拶し、道が狭ければ下る人が道を譲るのが山のマナーです!最近は頻繁にこちらから挨拶しても会釈すらせずに通り過ぎる方もいます、相手の装備にケチつける以前の問題かと思います。普段の生活での人間関係が心配になります。

M65は新品でも防水性はほぼありませんし綿が半分入っているので、ベトナムとかでもスコールの時には防寒着としては役に立たず、上から別に雨具を着ることがほとんどだったようです、とてもじゃないですが、冬山にはおっかなくて使えませんね

最初は迷彩ぽくない、迷彩の中では目立つだろうということで、UCP(ACU)柄を使い始めたんですが、現場からの不評もありOCPにすぐに制式迷彩の座を追われたため民生品やアウトドアメーカーの商品がほとんどありませんよね、特にザックとかなるとA3パックとかMolle Ⅱのザックぐらいしか思い浮かびません笑
それに比べマルチカムは凄まじい人気ですよね!さながら第二のウッドランドってくらいの人気です。そしてあの汎用性は素晴らしいです、ただそれ故に数年前にマルチカムブラックやマルチカムトロピカルなどが出た時は少し残念に感じました。同じく万能迷彩を目指したUCPはなぜああなってしまったのか笑
マルチカムは本当に迷彩なのにスタイリッシュでかっこいいですよね。
タイガーストライプもファッション界などでは今も根強い人気がありますね、私のほうがluna-lunaさんより少し若いのか私の中では特殊部隊=3Cデザートってイメージです。
初めて見た戦争の映像がニュースで見た上陸するLCACでしたから^_^

pencott迷彩もイギリス軍採用というわけではなくイギリス軍のDPMを手がけた会社の新作ということらしいのですが、オーストリアの特殊部隊隊員が個人的に使ってたり、セルビア軍、同国治安部隊が採用などマイナー路線を爆走しております笑、見た時のインパクトがあまりなく「地味」の一言に尽きるって感じの迷彩です。

丹沢や箱根だと僕とかなりカブってます笑何処かでお会いしてるかもしれませんね、服装はあったかい時はだいたいどっかの国のコンバットシャツにカーキのブーニーハットですので何処かでお会いしたらよろしくお願いします

これからもブログの方楽しみにしております。たまにコメントするかもしれませんのでその時はかまってもらえると嬉しいです

フジノハナ #- | URL
2015/04/08 21:54 | edit

Re: タイトルなし

フジノハナ様

こんばんわ。
返信ありがとうございます。

いろいろ勉強になりました。最近は迷彩も数が多くなり、訳が分からなくなってきました・・・

街用はACU主体で着用していますね。
BDUのズボンとかL5のジャケットとか、M65とかL7とかですね。
前年の大雪の時にGEN1 L6持ち出しましたが、強風にさらされてジッパーで顔面が叩かれて痛かったです。
このジッパー欠陥品じゃないのかと・・

もっといろいろミリタリー物が欲しくてたまらないのですが、ECWCS系のものは高くて高くて・・・

あと、僕の場合、登山は基本的に冬なので、暖かい季節は箱根か丹沢だと大山などのメジャーなところにいますね。で、登る回数は激減します。
丹沢のマイナールートは、夏に行くとヒル地獄なので、これからの季節はもう登れませんから。
押して登っちゃう人も多いみたいですが、僕は地面からわき上がるヒルの大群を見てから、登ることを断念しました。ヒル忌避剤なんか効きませんし、たぶん火炎放射器が必要だと思います。

このブログは基本的に雑多ブログなので、書きたいことを書きたいように書いているだけです。
見ていてくれる方がいるというだけで励みになりますので、今後もよろしくお願い致します。



luna-luna #- | URL
2015/04/08 23:14 | edit

はじめまして。

今日このブログを見つけ楽しく読ませていただいております。
自分もミリタリー系の物をアウトドアで使用するのが好きなので、大変参考になります。

自衛隊の個人装備品は残念ながらあまり素晴らしいとは言えません。
弾嚢等の装備品もナイロンですらなくすぐ破れそうな代物でしたし、
支給される防寒着などもお粗末でした。
自分は北海道の部隊でしたので、冬の演習時の防寒着は登山用品店でいろいろと買っていました。

ナナシ #- | URL
2015/05/31 03:49 | edit

Re: タイトルなし

ナナシ様

こんにちわ。
こんなしょうも無いブログにコメントいただき、感謝です。

自衛隊にはもっといい装備をドンドン購入していただきたいです。
税金は幾ら使ってもらってもかまいません。

どうも女性には、こういった浪漫が分からないようで、先日も、彼女に10式戦車の素晴らしさを熱く語っていましたら、途中から激怒されました。

空母が欲しいんだ!!といっても、怒り出します。

零戦や戦艦ヤマトや10式戦車に詰まっている男のロマンは彼女たちには理解不能なようです。

ぜひ、自衛隊の装備で個人が購入できて、登山に使えそうなモノがあれば教えて下さい。
よろしくお願い致します






luna-luna #- | URL
2015/05/31 12:09 | edit

ご返信ありがとうございます。

自衛隊が使っていそうで個人購入できそうなものですか、
あまりぱっとは思いつかないのですが、衣服系では結構定番かと思われるような
アンダーアーマー、クールマックス素材のtシャツなどでしょうか。
細かい話ですが、自分はトリムフィットという中敷きのグリーンを使っていました。快適でしたね。
楽したければ金かけろとよく言われてました。
自分はもうやめてしまって大分発つので、少しは改善されているのかもしれませんね。

女性は間違いなくこういう物に価値を感じませんね。例外もいるようですが。
自分もミリタリー系の物を買ったら彼女に大激怒されました。金の無駄だと。

ナナシ #- | URL
2015/06/05 08:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/87-baa7f4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop