ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  登山に使う双眼鏡 OLYMPUS 小型軽量 防水 ブラック 10X25 WP II

登山に使う双眼鏡 OLYMPUS 小型軽量 防水 ブラック 10X25 WP II

まとめ
★絶対に倍率8倍がいい
★軽ければ軽い方がいい
★防水は必須
★必要でないと云えば、まったく必要ではない




IMG_3554.jpg



双眼鏡については、深いマニアの世界があるので、そちらの世界のことは置いておいて、登山に使う双眼鏡を購入しました。

結論から言うと、失敗しました。

何が失敗したのかというと、倍率です。
10倍のタイプを買ってしまいましたが、これはダメです。
8倍のものの方が良かったと思います。

いろいろなレビューサイトで、10倍が手持ちの限界だが、手ぶれが大きいという話は聞いていました。
実際、電気屋に何回も見に行き、そのときは手ぶれもあまり気にならず、倍率は高ければ高い方がいいだろうと云うことで、10倍を購入しましたが、実際に使用してみるとやはり手ぶれも大きく、レンズも暗いと云うことがよく分かりました。

やはり先人の知恵は素直に聞いておくべきでした。
素人ほど倍率を気にするとはよく言いますが、正にそれです。

双眼鏡を買うなら、やはり8倍以下がベストだと思います。

登山で使うのなら、軽さも重要ですが、防水も重要だと思います。

このオリンパスのWP2は、おそらくですが低価格でまともに使えるという意味では「評判のいい双眼鏡」のひとつだと思いますが、なにしろあまり知識が無いので絞り込むのにも苦労しました。

何せあまり低価格な物は、そもそも選ぶだけの価値がないということもあちこちで目にしましたので、とりあえず評判が良さそうで手ごろな価格でということで、ネットを頼りに4つの機種に絞り込みました。


8X25WP2-GRN【税込】 オリンパス ダハプリズム式双眼鏡「8x25 WP II」(フォレストグリーン) [8X25WP2GRN]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:7,500円
(2015/1/14 20:42時点)
感想(0件)




オリンパスWP2 8倍 270グラム 防水 7190円


タンクロ-8X21 UCFR【税込】 ペンタックス 双眼鏡「タンクローR 8×21 UCF R」(倍率8倍) [タンクロ8X21UCFR]【返品種別A】【RCP】

価格:4,160円
(2015/1/14 20:43時点)
感想(7件)




ペンタックス PENTAX 双眼鏡 タンクローR ポロプリズム 8倍 210グラム 非防水 4158円


スポ-ツスタ-EX8X25DCF【税込】 ニコン 双眼鏡「スポーツスターEX 8x25D CF」(倍率8倍) [スポツスタEX8X25DCF]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:7,950円
(2015/1/14 20:44時点)
感想(1件)




ニコンNikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D 300グラム 防水 7926円


ビクセン 双眼鏡 ニューアペックスHR 8×24

価格:17,980円
(2015/1/14 20:45時点)
感想(0件)




Vixen 双眼鏡 ニューアペックスHR 8×24 ダハプリズム式 防水 16189円
220グラム

一応8倍の機種で比べてますが、各社10倍を出していますので、僕の場合はこれらの機種の10倍で考えました。

登山用なので早々と防水のないペンタックスは消えました。
この中で一番魅力的だったのはVixenのニューアペックスだったのですが、これは「高すぎ」て脱落しました。
この時点で、双眼鏡を使い続ける自信がなかったためです。

オリンパスとニコンでオリンパスを選んだ理由は簡単です。
残った方で軽いからです。

そもそも双眼鏡は必須ではなく、あれば楽しいくらいの装備なわけで、数回使用したらもう使わない可能性も非常に高かったわけです。
そのため、高価な物は×ですが、登山で使わなくなったら車に積んで旅行の時に楽しむことも視野に入れていました。
ですので、あまりに「おもちゃ」過ぎても困りました。
次に買うとしたら数十年後くらいだとも考えたからです。

で、実際はもう使っていません。

理由は、あまり見る物がないのと重すぎるからです。



双眼鏡というのは、GPSのように必須な機器ではないわけで、体力に余裕がない人が持つような物ではありません。せっかく持っていっても、途中の見晴らしのいい位置と山頂でちょこっと使う程度がいいところです。
それを数回繰り返したら、双眼鏡熱は冷めました。

少なくとも樹林帯が多い低山登山で活躍する機会はあまり多くはありません。
なので、双眼鏡を登山で使おうと考えている方は、登山以外での使い道があるかどうかも考慮した方がムダがなくなると思います。

あとは、ちょっと違いますが、単眼鏡というのも有りかも知れません。

双眼鏡に対して圧倒的に軽くコンパクトですから、こちらなら持ってもいいかなと考えるときはあります。
単眼鏡なので立体感はなくなりますが、サッと取り出して、サッと見るという用途ですとこちらの方が手軽だというのは言えると思います。
双眼鏡の場合、眼幅を合わせるのに少し時間がかかります。

一時期は、WP2を処分して真剣に単眼鏡を購入しようかと悩みましたが、一応保留してあります。


サイトロン 単眼鏡 TAC-M728 (SAFARI サファリ M728II)【メール便不可】

価格:8,951円
(2015/1/14 20:47時点)
感想(2件)




こちらはもともと軍用の双眼鏡の片筒を単眼鏡とした物で、非常に性能が良く、明るいレンズを使っています。
重量も145グラムと双眼鏡と比較すると劇的に軽いです。軍用なので、ミルスケールという簡易測距機能が付いています。
使い方さえ分かれば、目標までの距離をかなり正確に計ることができます。完全防水。
おもちゃでない「単眼鏡」のひとつです。

単眼鏡を購入しました
記事はこちら


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL