ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)

【レビュー】 アップルホームキット/apple HOME KIT対応スマートコンセント Koogeek Wi-Fiスマートプラグ

DSC01646.jpg

まとめ
■siri対応が結構凄い
■アップルHOMEそのものは必要なし
■アンドロイドにも純正アプリで対応



今回紹介するのはスマホやタブレットから電源をコントロール出来るスマートコンセントです。
それも最新のアップルのHOME対応のスイッチとなります。

アップルHOMEとはアップル製品からSiriもしくはアプリを通して手動で遠隔コントロールするWi-Fi対応スイッチです。
将来のホームオートメーションを見据えた機器ですので、各種スイッチを使っている僕からすれば興味津々でした。

僕はWi-Fiスマートコンセントからもっとアナログな赤外線や433Mhzのスイッチまで一通り使ってきていますが、今回はアップルのHOME対応という事で期待の大きいスマートコンセントだったことも事実です。

僕は今のところLink japanのe-plugのキットで自宅の機器を基本的に統一しているのですが、Wi-Fi体重計のみkoogeekの製品を使っています。

ですが、体重計など別に自宅のシステムと統一する必要が何も無いのでどのメーカーでも安定していれば特に問題は無いのですが、リモートスイッチ類となると話は別です。

なぜかというといちいち別のアプリを立ち上げてコントロールする事になるため、メーカーを増やすとそれぞれ個別にアプリを立ち上げる必要性が有り、かなり面倒になります。

特にコントロールの中核となる機器に関してはよくよく吟味しないとホームオートメーション計画そのものが頓挫してしまいます。

この為、ホームオートメーションを目指す場合はブランドの将来性を含めて考えて行かないと、機器の買い直しをする必要すら出てきてしまうわけです。

Wi-Fiリモートスイッチの選択に関しては大事な点は以下のことです。

  • ■サーバーの安定性
  • ■豊富なオプション機器
  • ■信頼できるメーカーであること(大手ほど安心)
  • ■アプリの頻繁なバグ対応


等、いくつかの条件があり、特にサーバーの安定性とアプリの出来映えに関してはメーカーの総合力が問われてきます。

この点において僕は今まで3社ほど使ってきた結論としてeplugを発売しているLink JAPAN社の安定性とアプリの出来、総合的なオプション類の豊富さなど、選ばない理由が無いほど突き抜けたメーカーと判断しています。

そこで今回はアップルの純正規格であるHOMEといわれるホームオートメーション規格のリモートスイッチを手に入れましたので、そのことについて分かったことを書いておきます。


20170919_105951000_iOS.png

【アップルのHOMEの実力とは】

Wi-Fiスイッチとしてはごく普通で過不足ない実力の製品でした。

HOME対応と言っても明確な利点は音声のsiri対応という事だけで、それ以外の点は普通のWi-Fiリモートスイッチと何ら変わりません。

むしろ問題なのは僕が検討したHOME対応品の中には「アンドロイド非対応」のものがあり、こんなモノを買ってしまうとアップルのスマホやタブレットを将来的に使うのを辞めてしまった場合、いきなりスイッチが使えなくなります。

その点ではkoogeekのスマートプラグはアップルとアンドロイドの両対応なのは評価できます。

ですが、HOME対応機器の中にはなぜか「屋外からの3G/4G回線を使った電源オンオフ」ができません。

この原因ですが、要するにスイッチのサーバーはアップルとは無関係なのだと思います。

サーバーがアップルなら信用度が大幅に増すのですが、そう言ったことは無いようで、スイッチのサーバーはあくまで開発や運営会社が背負い、宅内LANでのみHOMEでコントロールするというかなりの悪質な仕様です。

20170919_110000000_iOS.png
koogeekスマートプラグのよいところのひとつとして、このように消費電力をモニタリングしてログが取れるところです。


【それではアップルのHOMEは意味が無いか?】

Siriでスイッチのコントロールが出来るのはかなり大きなメリットでした。

ですが、どうひいき目に見てもアップルのHOMEである必要性が薄いと言わざるを得ません。

ホームオートメーションの市場では、今後来るであろうAmazonのechoがおそらく市場を席巻するでしょうから僕のようなアーリーアダプター以外は「待つのが正解」だと思います。

僕は今iPhoneからSiriで電源をコントロールしていますが、koogeekのスマートスイッチはアンドロイドにも対応していますので、アプリからならiPhoneでもアンドロイドでも特に問題なくコントロール出来ます。

koogeek社にはその昔にWi-Fi体重計のサーバー不安定でかなり悩まされましたが、今回のスイッチは安定しているようで、今のところ特に問題なく使えています。

アップルHOMEはどうでもよいのですが、スマートスイッチの音声コントロールはかなり便利なので興味のある方は一度使われてみるとよいでしょう。

その場合でもアップルのHOMEにも、アンドロイドにも両対応しているkoogeekのスマートスイッチはなかなかの逸品でした。

特にSiriを介しての音声による電源オンオフは一度使用すると手放せなくなるほどに快適だったことはお伝えしておきます。

echoが待ちきれない方や自宅でシステムを組むほどでは無いがリモートスイッチをひとつ試してみたいという方にはこちらのスマートプラグは驚くべき便利な製品だと思います。







lunaluna302.blog.fc2.com



lunaluna302.blog.fc2.com


関連記事

【レビュー】 防災用圧縮セット 軍手とタオルとダイソーの圧縮タオル

51NGEZ4SZAL.jpg

まとめ
■タオルと軍手のセット
■つい買ってしまったが意味がなかった
■ゴミではないが必要性は薄い


防災グッズマニアでもありますが、そんな僕がついそのコンパクトさと手軽な価格に惹かれて購入してしまったのが「圧縮された軍手とタオル」のセットです。

コレはもう本当に単なる「軍手とタオル」ですが、トランプケース位の大きさにカチカチに圧縮されているので収納性という点では非常に優秀ですが、わざわざ買うべきかと言われれば「必要ない」と言わざるを得ません。

これが百均という形態の店舗が世に出る前なら意味があったのですが、これだけ百均が暮らしの中に入り込んでいる以上、もはや百均で軍手とタオルを個別に購入すれば事足りるので、僕のようなミニマムなグッズを追求しているのでもなければいくら防災用と云えども必要はないと言わざるを得ません。

よく考えてみれば500円という価格以外に特に顕著なデメリットはないのでそこまで酷評する必要もないのですが、コンパクトさという点でのみ評価は出来ます。

ただし、それ以外には見るべき点は特になかったので、やはり百均の軍手とタオルを人数分別個に揃えた方が安上がりだと云う事で推薦は出来ません。

ただ、防災用のセットに1つ付け加えるという事でスペースの節約を考えているのなら、こちらの圧縮セットは「水を使わずに復元可能」ということと圧倒的なコンパクトさでは比べるモノがないほどである事も確かです。

51G6J9S2FML.jpg

軍手もタオルも非常時にはどちらも必需品ではあるのですが、今から揃えるのであれば中華製のコンパクトなパックタオル互換の速乾性タオルとホームセンターの牛革の作業用手袋の方が100倍は仕事をしますので、やはり「オススメできない」という結論を持ってレビューを締めさせていただきます。

ちなみに僕は車のトランクに収納しましたが、こういった圧縮された製品はほんのわずかでも水に濡れると一気に復元されてしまうので要注意です。

DSC01645.jpg

【ダイソーの圧縮タオルについて】
せっかく圧縮タオルについて記事を書いたので、先日これまた単なる興味で手に入れたダイソーの圧縮タオルについても書いておきます。

ダイソーの圧縮タオルも超軽量コンパクトで大きさは2種類が販売されています。
見た瞬間にあまりの小ささに衝撃を受けましたが、つかってみればほぼゴミすれすれの製品だったので購入は慎重に行った方が良いでしょう。

【ダメな点】
■水に濡らさない限り復元できない
■タオルではなく、単なるウエットティッシュのシートと同じモノ
■単なるシートなので耐久性は皆無

こちらは水に濡らさない限り復元できません。

挑戦しましたが水なしではどうにもほぐせないので、復元した瞬間に既にこのシートは濡れています。
なので濡れた手を乾かすなどと云う事はできず、使う用途を極端に選びます。

真夏なら何とか使えますが、濡れたシートでは冬は意味がないでしょう。

また、「タオル」という名称に騙されますが、ウエットティッシュのシートとまったく同じモノです。
強くこすったりすると当然のことながら破れてくるので数回の使用がいいところです。

一体この圧縮タオルは誰がどんなときに使うのか不明なので、安いからと云ってあえて買うほどのものではありません。

旅行用や防災用にと思っても、こちらはそもそもタオルではないのでななんとも言いにくい代物でした。

コレを備蓄するくらいなら軍手とタオルの圧縮セットの方が役に立ちますが、先ほども述べたとおりで中華製の格安速乾性タオルとホームセンターの牛革手袋のほうが役に立つと思います。

【圧縮タオルのまとめ】

使った限りでは圧縮タオル自体は特に問題なく、特に水で濡らさないで復元できるタイプの本布製タオルなら、防災用のリュックに入れておく為にコンパクト最優先ならひとつ持っておくことも検討するのもありですが、やはり必要性は薄いと思います。

要するに防災用の圧縮タオルはとにかく収納性優先で、水に濡らさなくても使えるちゃんとした布地のタオルがひとつの目安になるのではないかと思います。


これがそのあまり役に立たない圧縮タオルと軍手のセットです。
特に必要はありませんでした。




lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


 


関連記事