デジタルアンプでヘッドホンを聞いてはいけない デジタルプレイヤー/DAPの問題を書く


まとめ
■フルデジタルで心地よく聞けるのは「イヤホン」まで。
■ヘッドホンの方はデジタルアンプを使うと音がおかしくなる


SDIM0027 (2)


デジタルアンプのX1というDAPを購入してさんざんテストしてひとつの結論が僕の中では出たので短いですが書いておきます。

結論から言えば、「デジタルアンプ」ではヘッドホンを聞くのはとても厳しいと云うことになります。

おそらくこの結論はデジタルアンプである以上すべてのDAPに共通する問題であるといえます。

iPhoneなどもデジタルアンプですが、どうしてもイヤホン主体であまり頻繁にヘッドホンを聞いてこなかったのですが、X1を購入してからというもの時々ヘッドホンをデジタルアンプで視聴すると「音が痛い」という問題に直面するようになりました。
最初は体調等のコンデションなどを疑ったのですが、どのヘッドホンを聞いても音の傾向が同じで、デジタルアンプだと「エッジが極端に立つ」という現象が起こり、どうにも無視できないのです。

もともとピュアでもかなり早い時期にデジタルパワーアンプを導入してきましたが、「ノイズ」と「低音の出方」に問題があり、ピュアオーディオ的な使い方には絶えられるような製品ではありませんでした。

デジタルアンプが出始めた当時の話しなのですが、音を聞く限り「ノイズ」と「低音の出方」はデジタルが抱える根本的な音の問題に聞こえたのです。
それがあるので、結局、1台をのこしてすべてアナログパワーアンプに買い換えてしまいました。

当然の事ながら買い換えは・・・・成功でした。
デジタルアンプの持つノイズと低音の出方の問題が全て解決してしまいました。

これがあるので「デジタル系のアンプ」は安価ではあってもとても怖い、という思いがあるのですが、今のDAP系は主力がデジタルアンプになってしまっています。
ただし、僕がピュア用のデジタルアンプを購入したときに比べるとだいぶ年月が経ちましたので「デジタルアンプの抱える問題」の多くは解決してしまったのだろうという漠然とした判断もありました。

例えばデジタル系の機器と云えばDACがありますが、もともとは高級機には「マルチビットDAC」が主流で1bitDACは安物という扱いでした。
それが後期にはマルチビットDACと1bitDACの音の差がほとんどなくなり、いまや1ビットDACが主流です。

このようにデジタル系の機器は進化が速く、デジタルアンプ初期に問題となっていた「音の質」が既にだいぶ解決されているのではないかと思ったのです。

ところが今回はONKYOのX1を購入してイヤホンを聴いたらその音の良さに驚いたわけです。
ノイズの問題がなく、低音の問題も解決しているような印象でした。

ところがヘッドホンを聞くと音がおかしいのです。

最初は思いました。
イヤホンはヘッドホンたいしてエッジの描き方が根本的に緩いのではないかと。あるいは元々音の鮮度が高いのでその部分が過剰に出てきているのではないかと。

僕がいろいろと検証し、音を聞き込んだ結果として、ヘッドホンで音がおかしくなる現象というのは、デジタルアンプであるDAPの持つ問題そのものなのです。

おそらくこういうことなんだろうと思います。
イヤホンでデジタルアンプの音のおかしさに気がつかなかったのは、イヤホンの表現できる音のグレードが低いので、そのあたりの問題が後ろに隠れてしまうのです。
より振動板の大きいヘッドホンではイヤホンに対して音のグレードとか表現力が上がるため、デジタルアンプのデメリットや問題点がより尖鋭に現れてしまうのです。

なのでピュアの時にさんざん検証して「デジタルはダメ」と云う結論を出してから10年以上経ちましたが、やはりデジタルアンプは非常に問題が大きいのは変わっていないのです。

なのでハッキリと書いておきます。

イヤホンを聴くのなら最新の電源部がしっかりと作られたデジタルDAPなら使っても問題は少ないです。
デジタルの音のデメリットはイヤホンの再現力では出てこないので解像度が高く鮮度の高い音を聞くことが出来ます。

ただし、ヘッドホンにはつかえないということです。

ヘッドホンを使うのならアナログのDAPを用意する必要があります。
最低でもこれをしないと「いい音」は絶対に出てきません。

なので、デジタルアンプはイヤホン専用にして楽しみ、ヘッドホンを良い音で鳴らしたいのならアナログ系のアンプを用意しなければなりません。
デジタルアンプの持つ根本的な問題のおかげで、ヘッドホンでは音がおかしくなります。

これはおそらく現状のポータブルなデジタルDAPすべてが抱えている問題だと僕は断言しておきます。





参考サイト

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp


 
関連記事

コメント

Zero

デジタルアンプの根本的な音の問題
2年前近い記事にコメントを失礼します。

デジタルアンプが出始めた当時の話しなのですが、音を聞く限り「ノイズ」と「低音の出方」はデジタルが抱える根本的な音の問題に聞こえたのです。という表現が気になってしまいました。

ここで言われている「アナログアンプ」とはオペアンプICなどを使わないアンプという意味でしょうか?
最近、ポータブルアンプがきになっています。

luna-luna

Re: デジタルアンプの根本的な音の問題
Zero さま

僕の言うアナログアンプとはいわゆる通常のプリアンプとアナログパワーアンプです。
もしくはピュア用のプリメインです。

ごく一般的なアナログの構成と理解していただいてよろしいです。

デジタルは3つの問題を抱えています。
■低音がタイトになる
■構成によっては背景にノイズがのる

特に純粋なプリアンプを持たないデジタルは更に「音が荒れる」という問題も抱えます。
ただしこの問題はアナログプリの上質なものを通すと解決しますね。

どうもこの音から推測すると間違いなく問題はD級スイッチング電源だと思います。

最近はオーディオ関係は中華イヤホンブログの方をメインに書いていますのでそちらもぜひどうぞ。
http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/




Zero

なるほど、D級スイッチング電源ですか
luna-lunaさま

以前の記事へのコメントにもかかわらず回答ありがとうございます。
アナログアンプの定義についてありがとうございます。

最近、家で音楽を聴くことはできないので、ポータブルでヘッドフォンで聴いています。

D級スイッチング電源の影響が大きそうとのことありがとうございます。
なるべく回避するようにしてみます!

今は、iPodTouch6thにOPPO HA-2をデジタル接続して、LineOutから中華のaune B1sを接続してヘッドフォンで聴いています。

私がアナログプリメインアンプやスピーカーを購入していた頃はアナログアンプしかなかったのでデジタルアンプの特性がよくわかっていません。
ありがとうござます。

中華イヤホンブログも読ませていただきます。

Zero

デジタルの音

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/entry/2017/02/21/232009


上記の記載を見てなるほどと思いました!
とてもスッキリした気がします。

luna-luna

Re: デジタルの音
Zero さま

いつもお世話になっています。

あくまで僕の考えで言えばそういうことになりますが、やはりデジタルでは頂点にはたどり着かないでしょう。
解像度などよりも重要なことが音にはあるのだと思います。

zeroさまの環境や聞き方であれば、据え置き用途のアナログ系を使った方がよろしいかと思いますよ。
ですがコストが安く簡単に作れてバッテリー持ちのよいデジタルに押されてまともなヘッドホンアンプが少なくなっています。

ipodの音はエッジがかなり立つのでそのままアナログ出力すると更に音が荒れますので、ipodの場合は今の
環境のままHA2に出して、そこから先をB1sではなくアナログアンプにした方がよいです。

ヘッドホンはものにも寄りますがイヤホンよりも遙かに表現力が高いのでそうすると効果的です。
ヘッドホンでデジタルのポータブルは厳しいですね。

ヘッドホンクラスならDAPでは電源部が持たないので低音をしっかりとさせるためにもポーダブルは無理がありますよ。
残念ですが。

Zero

確かにポータブルでは厳しそうですね
luna-lunaさま

色々、ありがとうござます。
やはり、ポータブルアンプでは難しいですよね...

iPodTouch6+OPPO HA-2 + JADE next Ultimate bi power (10440リチウムイオン電池×2)
までは試そうとしていましたが、据え置きと比較すると非力ですね


ヘッドフォンもインピーダンス25Ω 能率95dB程度のもの(NigthHawk carbon)なので、鳴らしやすいと思っていましたが、やっぱり電源が足りない感じになりそうですね

紹介されていた40万近い真空管アンプも気になりますが、家の電源環境も良くないので高くつきそうですね...

luna-luna

Re: 確かにポータブルでは厳しそうですね
ZEROさま

うーん、そこまでやろうとしていましたか。

インピーダンスは「音量が取れるかどうか程度の話し」なのでちょっと気にする程度で結構です。

問題なのはヘッドホンの低域の駆動力です。
これは鳴らしてみるまで分かりません。

経験上DAPではちょっと厳しいのですが、これはヘッドホンのキャラクターにもよるので一概には言えません。

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/entry/2018/04/12/%E9%88%8D%E6%84%9F%E3%81%AA%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%81%A8%E6%95%8F%E6%84%9F%E3%81%AA%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%B3

こちらのようにゼンハイザーは例外的にDAPの方が結果がよいので、鈍感なタイプの場合はDAPでも試す価値はあります。

逆に敏感なタイプの場合はアナログの上質なものをあてがわないとまともな性能が発揮されません。
このあたりはお持ちのヘッドホンのキャラクターに寄ります。

ちなみに僕はヘッドホンは自宅でしか聴かないので据え置き以外は使いません。
イヤホンのテスト用にX1を使っていますがヘッドホンをこれで聞く気にはとてもなれません。

ただデジタルのトランスポートとして使うのならこれでもいいかという感じです。

JADE next Ultimate bi powerとNigthHawk carbonについては音を聞いていないのでなんとも言えませんが、僕ならポータブルでこのアンプなら買わないですね。

2台でこの価格では1台当たりの部品にかけられるコストはたかがしれていますので、そう考えると大した部品は使えません。
であるのならば、この価格で1台のアナログアンプの中古を狙った方がまだ可能性はありますよ。

それから家の電源環境など余り気にしない方がよろしいです。

ぼくはバッテリー駆動のセパレートも使ってきましたし、今も自宅では整流電源を使ってますが、まぁ分かりませんよ。
それよりもスピーカーなりヘッドホンにこだわった方がよほど音は違います。

luna-luna

Re: Re: 確かにポータブルでは厳しそうですね

失礼しました。
そうですね。環境によってはポータブルしかつかえない方も居ますもんね。

うーん、ポータブル、難しいですねぇ。

まずヘッドホンが鈍感なタイプか敏感なタイプかで決まりますよ。

鈍感なものならデジタルでも分からなかったりするのでその場合はデジタルのポータブルでもOKですよ。
敏感なやつならまぁ無理ですね。

音に出ちゃうので。

Zero

敏感ヘッドフォンの低音の駆動力不足
luna-lunaさま

回答頂きありがとうござます。
家では聴けない状況でして出先か外か電車になります...

密閉型はB&W P7をつかっています。

ポータブルでアナログ入力のみ(DACなし)のアンプがなかなかなくて以下をセットで買ってみました。駆動力不足を補うためにバランス接続も試したいと思っていました。

JADE next Ultimate bi power
を選んだ理由が、一番お金のかかる金型が既存モデルと見事なまでに同じでお金をかけていないこと、BLT接続ができるので駆動力不足が少しでも補そうなこと、内部が10Vまで耐えられて乾電池駆動であることでした(昇圧が簡単なので)。
しかし、逆に見た目変わらないですし人気がないのでしょうね。全く使っている人が居なさそうです....まだ接続環境が揃って居なくて聴けてないですが音もそんなに良いとは言えませんし...

ちなみに半額以下でFitEar用が売っていたのでケーブルだけ作り直しました。HA-2にも接続できるようにするのと合わせて。

NigthHawk carbon
開放型のヘッドフォンであること、スピーカーのような造りを目指していること、上記のアンプに接続するためにバランス接続が可能なことでした。
これまた評判は良くないようで、ほとんど使っている人が居なさそうです...

上流の影響を反映するヘッドフォン(敏感?)と思っています。
B1sに繋ぐと低音はスカスカでボワボワです...

B1sも密閉型のP7であれば鈍感なのかそんなに気になりません。
うるさい電車用なので聴こえないというのもありますが...

これまで教えていただいた内容や他の記事を見ると...

■低音がタイトになる → 低域の駆動力不足が起因?
■構成によっては背景にノイズがのる → 無線などの高周波ノイズが載る
●特に純粋なプリアンプを持たないデジタルは更に「音が荒れる」
●D級増幅のスイッチング電源 による悪影響 → 安くて軽くて発熱しないが高周波ノイズの元
昇圧回路のスイッチング電源も悪さしそうです。

今の状況として、
・iPodTouch6thは機内モードにしています。

・ヘッドフォンケーブルもシールドのあるものを使う予定です。ただし、ポータブルなのでアースはうまくとれていません。
・BLT接続で駆動力不足を補います。
・電源の昇圧回路は電源電圧をあげることで回避します。

・ヘッドフォンアンプはA級増幅かAB級増幅にしておきます。(JadeはD級っぽいですね..)ポータブルだと40mA程度までしか電流作れなさそうです...


アンプ側は諦めてゼンハイザーのHD700(ケーブルが流用できるので)にする...
もしくは、ヘッドフォンをポータブルで使うのは諦めて、ゼンハイザーのie800に戻る...

でしょうか
今の選択肢だと上記のどれが一番マシ?かということになりますね...

もし、出先のホテルなどでも使えるようにするなら
デジタルトランスポート:iPodTouch6th +OPPO HA-2
を前提でヘッドフォン用アナログアンプとしてBurson Audio Soloist SL MK2が気になりました。

これであれば、3.5mm(3極)から6.5mm3極変換がNightHawkについていたので、持つ荷物が減りそうです。


luna-luna

Re: 敏感ヘッドフォンの低音の駆動力不足
ZEROさま

>ポータブルでアナログ入力のみ(DACなし)のアンプがなかなかなくて以下をセットで買ってみました。駆動力不足を補うためにバ>ランス接続も試したいと思っていました。

バランス接続にしても駆動力は増えませんよ。
音量が変わります。
後ノイズに強くなりますね。
駆動力は強力な電源回路からのみもたらされます。


■低音がタイトになる → 低域の駆動力不足が起因?
違います。制動のしすぎなんですよ。
緩めるという動作も必要なんですが、デジタルではそこが巧く出来ないようで低音がタイトになります。
量感がうまく出てこないんですよ。

■構成によっては背景にノイズがのる → 無線などの高周波ノイズが載る
おそらくD級スイッチング電源からだろうと思われます。後は回路や通信系も危ないですね。

●特に純粋なプリアンプを持たないデジタルは更に「音が荒れる」
音を整理しないので解像度ばかり高くてエッジが尖るんですよ。
いわゆる「いい音」ではないです。
長く聞き込むとイヤになる音です。

●D級増幅のスイッチング電源 による悪影響 → 安くて軽くて発熱しないが高周波ノイズの元
昇圧回路のスイッチング電源も悪さしそうです。
そうそう、そういうことです。銅板なんかで回路を分離したりと手間暇かけないのも一因かと。

ヘッドホンクラスなら駆動力はもうJADE next Ultimate bi powerクラスで十分だと思うんですよね。
スピーカーではないのでそれほど駆動力は必要ありませんよ。

アンプはA級を使ってください。
立ち上がりが早いです。
コレは必須です。

とりあえず僕が思うにヘッドホンがダメなのではないかと。
もう少しメジャーなやつを使うべきです。
グラド、AKG、ゼンハイザー、STAXなど。

P7もNigthHawk carbonも聞いたことはありませんが・・・ヘッドホンの世界も音が個性的で奥が深いので簡単には設計できないと思いますよ。B&Wは一流メーカーですがあくまでスピーカーの世界です。
とにかくメジャーなヘッドホンを視聴してどの音が好みかをまず確定させるべきかと。

コレをしてからアンプを選ぶべきです。
申し訳ないのですが今のヘッドホンに合わせてアンプを選ぶのは順番が違うかと。

ヘッドホンのメリットは「音の個性」です。
ですので何を差し置いてもヘッドホンを固定してください。

アンプはそこから先の話しだと思います。




Zero

リファレンスのヘッドフォン
luna-lunaさま

確かにリファレンス環境がない状態だとブレるということですね。
ゼンハイザーのイヤホンは使っていて気に入っている(長時間聴くには辛いですが)ので、
一番、気になるグラドは今は選ぶのが難しそう、STAXはそもそも持ち歩けないので、AKGかゼンハイザーからリファレンスを選んでみます。

ヘッドフォンならA級増幅アンプが良さそうですね。
音を緩めたり、整理したりする方法なども意識してみます!

色々ありがとうございました。

luna-luna

Re: リファレンスのヘッドフォン
ZEROさま

がんばってください。
ヘッドホンでリファレンスにするのならHD650が必要です。
つまらない音ですがモニター系のリファレンスの音とはそう言うモノです。

今後ヘッドホンの世界に浸かろうと思うのなら何をさておいてもHD650は1本揃えておいてください。
あのフラット特性は音の善し悪しは除いてもスピーカーで音出しするときにも帯域バランスはリファレンスに出来るほど特性的には優れています。

それ以外ではとにかく世界の「定番ヘッドホン」を中心に聞き込んでみてください。。
特になぜオープンエアータイプがハイエンドの中心なのかが分からないとヘッドホンの音を理解したとは言いがたいので、まずはそこからです。

では。

Zero

この構成で頑張ってみます
luna-lunaさま

先日はありがとうございました。
色々、相談にのって頂いたので今後の構成をご報告します。

その後もブログを読ませて頂いて、ポータブルでは一定水準を超えるのは難しいと認識しました。あとはポータブルで実現可能な範囲で頑張ることにしました。

そのために以下の構成でノイズ低減やイヤーパッドの調整でちょっとずつ改善していこうと思います。

プレイヤー共通:iPodTouch6th + OPPO HA-2 (変わらず)

上記に接続するアンプ、ヘッドフォン・イヤホン

電源確保できる場所用(長期出張用):Carot One FABRIZIOLO EX + ALESSANDRO Music Series TWO(3.5mmジャック化)
屋外用(実験?):Carot One FABRIZIOLO EX(DC12V用乾電池BOXをプラス。動作できるかは不明) + ALESSANDRO Music Series TWO

移動用(通勤用):JADE next Ultimate bi power(Liイオンセル) + NightHawk (混んでいない時)/Aune B1s + B&W P7(混んでいる時)

イヤホン用(カバンが小さい時用):Aune B1s + IE800

最近はまだ接続ケーブルができていないため、接続可能なAuneB1s + NightHawkでハイゲインの11時くらいのボリュームで聴いています。
高音も低音も出ないですが、中域は好きな感じで気に入ってきました。
特に静かな屋外だとスッキリ、伸びやかでいい感じです。
FABRIZIOLO EX に繋げても良い感じになりそうです。

FABRIZIOLO EX は悩みましたが、6/28に発表になった新製品がポータブルには難しそうだったので決めました。

MS-2はまだ、手元に来ていないですが楽しみにしています。

特にMS-2の屋外に期待しています。

luna-luna

Re: デジタルアンプでヘッドホンを聞いてはいけない デジタルプレイヤー/DAPの問題を書く
Zeroさま

わざわざご報告ありがとうございます。
こういう報告をキチンと行っていただける方は少ないのでzeroさまの人間性が垣間見えるところで、僕としても嬉しい限りです。

うぉぉぉぉぉぉ。
gradoの325に行きましたか。
まさかそこに来るとは思わずに・・僕も最初の1本が325だったので懐かしい気持ちです。
高域側がかなり派手ですのでそこをどう処理していくかが問われているヘッドホンだと思います。

gradoのSR系なので音質そのものは上位機種とまったく変わらず、グラド保守本流の音です。
非常に敏感なヘッドホンなのでピュア並の使いこなしが要求されるので音質が気に入れば長い付き合い(戦い)になりますよ。

手に入れられたら所有のアンプをそれぞれ325で聞き比べてみて下さい。
質が悪い物だと一気に音質が悪化するのですぐに分かります。

しかもアンプは Carot One FABRIZIOLO EXにいくとは。

これは隠れた名品のひとつですよ。
中華でも似たような物が溢れていますが、プリ管に12AU7を使えるモノはひとつもありません。
手に入れられたら日本製のAU7も差し替えて試してみて下さい。

オススメは東芝の二重マイカのやつです。
TOSHIBA 6189/12AU7 WA 3MICA 通測用 双極マッチ
http://iwamoto-camera.com/search.php?catnum=30&p=3

まだ枯渇していないので12AU7の気に入ったものがあれば幾つか手に入れておくと良いです。
これも年月が経てば入手困難品にいつの日かなってしまうでしょう。

FABRIZIOLO EXなんですが、これは超ロングセラー品でして、細かな問題はあるのですがとにかく音質が柔らかいのでグラドであれば必ずその良さに気がつきます。
もしDAPと同じ音に聞こえる場合はまだ耳が慣れていないだけなので、一週間ほど聞き続けてからデジタルDAPに戻してみて下さい。
あれ?と思うはずですよ。

それが「音色」です。
非常に薄いのですが全域にわたってこの音色を出せるアンプは数が少なく・・・ヘッドホン系では僕が知る限りコレしかありません。
こういう音は分かっている人が耳で音合わせして設計しないと出てきません。

ただそれでも分からないという場合は更に上流に問題がある可能性が出てきますのでDACもしくはプレイヤーに疑いの目を向けなければならなくなります。

あと325を屋外は無理なのではと(笑)
ほとんどスピーカーと同じですよ。

ほぼ全部の音が漏れてしまうので、逆に言うと外からの音も同じくらい入ってきてしまいます。
gradoの場合、それこそ空調すら消して静寂の空間を作り出してその音を味わう位の気持ちが必要です。

僕もピュアでは微少音をかき消してしまうエアコンは消しますが、そういった努力に答えてくれるのがグラドの良さですね。

Zero

真空管とGRADO
luna-lunaさま

GRADOは火曜日に受け取る予定ですので楽しみです。

FABRIZIOLO EX は昨日、来てずっと聴いていました。
まずはNightHawkで聴いていましたが、やっとピアノの音がピアノになりました!
女性ボーカルのハスキーボイスが声に聴こえました!
このアンプで325は楽しみです

おススメ真空管は買って試してみます。
どこで買えば良いかもわからない感じだったので助かります!

Aune B1sと聴き比べるまでもなく、全く違いました.... B1sはイヤホン専用になりそうです...

SR325は屋外難しいですか...山奥か、ホテルなどの静かな場所にしてみます

luna-luna

Re: 真空管とGRADO
ZEROさま

うーん、いいですねぇ。
先は長いのでゆっくりと行くのがよろしいかと思います。

都内が近ければ秋葉原に真空管屋がたくさんあるのですが・・まぁ初心者が言っても碌でもない真空管を掴まされるだけなのですが。

最初は現代ロシア管がくっついているはずなのでそれで十分ですよ。
まぁたぶんそれでもとっかえひっかえが始まると思いますが。

12AU7は色々とタマが豊富なので、あるうちにいくつか手に入れておくと良いです。
将来いつの日かスピーカーに戻る日が来ればAU7は使う機会が増えます。

プリ段だとAU7かAX7が多いのですよ。
そう言う予定が少しでもあるのなら2本ずつ買っておくと良いかも知れません。
アンプのプリ段の場合2本使うので、後から1本手に入れるのが難しいのです。

それでは。

Zero

真空管
luna-lunaさま

色々とありがとうございました。
これでやっとスタート地点に立てそうです
SR325が来たら色々聴いてみます。

>都内が近ければ秋葉原に真空管屋がたくさんあるのですが・・まぁ初心者が言っても碌でもない真空管を掴まされるだけなのですが。
電気街ではなくなってからは行っていないですが以前はよく行っていました。
実際のモノを見ても全く区別がつかないので買えそうにありませんが...

真空管は二本セットで買うようにしてみます。
TOSHIBA 6189のオススメのモノを2本購入してみました。

合わせて、TOSHIBA 6189のBLACK PLATEも買ってみました。
差し替えて聴き比べてみます。



ありがとうございました!

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク