低価格なAVアンプやサラウンドヘッドホンで楽しむ方が良い理由


okpvgjpro.jpg 

まとめ
■AVアンプをスピーカーで使うと大きな投資と手間が必要
■ネットビデオの視聴ならヘッドホンの方が楽しい



AVアンプには既にかつての勢いはなく、世間的には終わりつつある趣味のひとつです。

これにはいくつかの理由があると思いますが、主にアンプやスピーカーなどへの投資金額がかなり大きくなりがちな点とスピーカーの設置場所の確保がかなり面倒、と云う2点が特に大きい理由だと思います。

僕はピュアオーディオの次に長いのがAVアンプの世界なのですが、DVDの時代にはずっとヤマハのAVアンプを使ってきました。

これは長い間ヤマハがこの世界ではトップを走っていたことと無関係ではありません。
DSPという独特な音響世界を構築するのがAVアンプであり、これはある程度の技術の蓄積を必要とします。

DSP/デジタルサラウンドプロセッサーというのは「音場を作り替える」技術のことで、AVアンプには必ず搭載されています。
PCなどのオーディオ設定項目にも搭載されていますが、普通はあまりにも音が悪くなるので今では使う人はほとんど居ないのではないでしょうか?

DSPによってストレートな音場を教会やスタジアムなどの音場へと変換して再現しますが、たいていの場合は残響音などが単純に付加され、音に距離感は出てきますがその分音の劣化は無視できないほど著しく大きくなります。

ではなぜこの音の劣化するDSPを積極的にAVアンプでは使用するのかというと、DVDなどに収録された劣化音声ではストレートでも音が悪すぎるのは変わらず、更に音場が平面的で単純なものになってしまうのを防いでよりよい音場を形成する為です。

うまく調整されたDSPを通すと音は劣化しますが「音場は面白みのあるものになる」という事がいえます。

僕がAVに興味を持ちだした頃は今のように付属のマイクで測定して基本的な設定を自動で行う機能など影も形もなかったので、メジャーでスピーカーの距離を測り、耳で聞いて音を合わせていました。

その時代に比べれば自動音場調整が当たり前になったのはとても楽にはなったとはいえます。

ですがそうはいっても確かに音場調整がいくらか楽になっただけでそれでも完璧にはほど遠いので、最後の調整にかける手間暇は今でも大変な事は大して変わらないとは言えます。

僕はブルーレイの時代に入ってヤマハのDSPによる音場創生技術は必要ないと判断しました。

ですのでパイオニアやらデノンのアンプに移行しましたが、その経験を踏まえた上でいえば、ブルーレイのロスレス音源で楽しむつもりがないのならわざわざ高いお金を投資してAVアンプの世界に来る理由は薄く、むしろ価格の安いAVアンプを中核にサラウンドヘッドホンを追求していく方がずっと良い結果が得られると今では思っています。

特にスピーカをつかう場合、音源がロスレスかどうかはかなり重要な項目なのですが、最近はアマゾンプライムビデオやhuluなどでビデオを楽しむ方も増えていると思いますので、そうなってくると「音は格段に悪くなる」ので、逆にスピーカーで高価なシステムを組んでも力が発揮できません。

つまりAVアンプを購入するのなら、ブルーレイでロスレス音声を徹底的に楽しむことを前提にするべきなのです。

そうでないのなら、つまりいまだにDVDが視聴の中心であったり、昨今のストリーミングビデオをガッチリ楽しむのならわざわざお金と手間をかけてAVアンプでスピーカーのシステムを組む必要性は特にありません。

kdopkd.jpg


【AVアンプのまとめ】

とにかくもう「音だけでていればいい」とか「横や後ろから音が聞こえてくるだけで満足」というのなら10万以下のAVアンプに手の平サイズの小型スピーカを5.1CH位で組めばそういう環境にはなります。

FPSプレイヤーが敵の方向を正確に知るためにはそれでも十分だと思います。

また昨今のネットワーク環境のAVシステムのハブとして色々組み合わせて使う為の環境整備の一環でもよいかもしれません。

ですが、AVアンプというのは「まともな音」を出そうとすれば膨大な投資が必要な分野であって、上を見たらきりがありませんが、そもそもアンプとスピーカーだけで考えても定価ベースで50万以下レベルでなんとかなるような分野ではないことだけはハッキリとしています。

僕も入り口は8万程度のAVアンプと小型スピーカーから始めたので気持ちは分かりますが、そういう事ならそもそもブルーレイに収録されたロスレス音声を再生させても意味がありませんし、場所をとって面倒なだけで音はしょうもないレベルでしかありません。

そんな不自由な環境に投資するのなら僕はPCに有線のサラウンドヘッドホンを使うことを強く推奨しておきます。

特に音源が劣化気味の「アマゾンプライムやその他定額サイトのネットビデオ」をストリーミング中心で視聴するのなら、再生する音のグレードが低くく、音源の劣化がわかりにくいよく出来たサラウンドヘッドホンの方が実際に音が良かったりします。

そもそもヘッドホンは「音源の劣化に対してそれほどシビアではない」という事が挙げられます。
このヘッドホンの持つ本質的な「鈍感さ」が有利に働くのです。


ですのでMP3などの音源でもある程度のビットレートが確保されていれば「区別がつかない」という事でもそれが普通ではあるのです。

ところがこれがスピーカーの世界でグレードを上げていくとそうはいかなくなります。

と云う訳なので、AVアンプの世界に来る場合は徹底的に挑戦するつもりでフラグシップを購入してスピーカーとブルーレイで楽しむか、それとも割り切って低価格のAVアンプと有線ヘッドホンでネットストリーミング系ビデオを中心に楽しむ環境をお手軽に組むかまず最初に選択する必要があると思います。

lunaluna302.blog.fc2.com







関連記事

コメント

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク