【コラム】こんなスマホケーブルを登山に持ち込んではいけない

DSC01631.jpg 

登山において今やスマホとモバイルバッテリーは「生命線」だと何度も申し上げているわけですが、同じくらい重要なモノに「ケーブル」が上げられます。

まさかスマホとモバイルバッテリーを持ち歩きながらケーブルを持たない等という方が居るはずもなく、いわば3点セットで考えるべきモノです。

コレまでにもスマホにつなぐケーブルについては何度か記事にしていますが、ここ1ヶ月ほどの間に3本ほどのケーブルをトラブルで失いましたので、新たに得られた知見を元に「トラブルを防止して確実に動作するケーブル」を手に入れていただきたいという事で新たに記事にしておきます。

幾つか過去記事と重複する知識もありますが興味のある方はお付き合い頂けると嬉しい限りです。

【とにかくトラブルが多いのがアップルのライトニングケーブル】
ダントツのトラブル回数を誇るのがアップルのライトニングケーブルです。
特に近年安く売られている中華製の互換ケーブルはトラブルの嵐となります。

問題なのは「MFI認証チップ」部分で、これはもう製品説明に「MFI認証済み」と書かれていてもそもそも信用できず、トラブルの元となり得ます。
たとえば僕の持っている「純正のライトニング端子」は発売初期から今まで一度もトラブルがありませんが、中華製のライトニング端子は高級品だろうが安物だろうが区別なくある日突然トラブります。

一体幾つの中華製MFI認証済みライトニングケーブルをゴミ箱に投げ捨てたか憶えていませんが、もはや生き残っているケーブルの数を数えた方が速いくらいです。

登山にライトニングケーブルを持ち込む場合は必ず純正品、もしくはマイクロUSBケーブルにアップル純正のライトニング変換アダプタを持ち歩くようにしておきましょう。

【編み込みケーブルを使ってはいけない】
かつての記事で高品位な編み込みケーブルを推奨していましたが、ここ数年の間に編み込みケーブルでのトラブルが頻発していますので「編み込みケーブル」そのものを推薦から外します。

そもそも編み込みケーブルは高価な製品に多く、絡まりづらいという特性があるので使いやすいと云えば使いやすいのです。
ではなぜ推薦から外すのかというと、「ひねり」や「屈曲」に極端に弱く、長期の使用や使用方法で簡単に断線します。

つい先日も編み込みケーブルの1本が煙を吐いてご臨終しました。
よく見ると屈曲部が断線して溶けてしまっていましたので、ヘビーに使われる方ほど危険が増します。

また、ひねりにも極端に弱いようで、特に裏表を区別するマイクロUSBケーブルの編み込みタイプは要注意です。
意外に簡単に断線してしまうので「編み込みケーブル」は登山で使わない方が良いでしょう。

sfdfdsf.jpg 

【ケーブルは購入してから使用回数の少ないものを登山に持ち込むべし】
ケーブルは年月と回数を重ねて使い方が荒ければ断線するモノです。
乱暴に扱えばコネクタ根元部分は特に断線しやすくなります。

中華製は何ヶ月も普通に使えていたモノがある日突然使え無くなることもよくあります。
出来るだけ使用回数の少ないケーブルの方が安全です。

MD820.jpg 

【登山用の最高のケーブルを考える】
まず第一の条件は、普通のビニール製の極ありきたりな被覆のケーブルが良いです。
特にしなやかで適度に細く軽いケーブルが登山には適しています。

アンドロイドでQC2.0/3.0規格の急速充電を行う場合は極太のケーブルでないと発熱が尋常ではなく、なおかつ充電アンペアが低くなるので性能が劣るのですが、登山にあえてQC急速充電規格を持ち込む必要性も薄いので、細めのケーブルで十分でしょう。

長期の旅行ではQC2.0/3.0は意味があるのでその場合は出来るだけ太めのビニール製被覆ケーブルを選ぶのが正解です。

アップル用にライトニングケーブルを持ち込む場合は基本は純正です。
そうでないとMFI認証エラー関係のトラブルがいつ起こってもおかしくありません。

ちなみにライトニングケーブルを使用中に一度でも「このアクセサリーには対応していません」という警告画面が出た場合、そのケーブルを登山に持ち込むのは辞めておくべきです。
トラブルの最初の前兆なので、どらちにしろ長くは持ちません。

長さが必要な用途に達しているのならアップルの場合は純正を持っていればまずもって断線以外のトラブルは起こりません。
その断線も毎日ヘビーに使っているケーブルを登山に持ち込むのでなければそれほどシビアになる必要もありません。

ですが、あえてマイクロUSBケーブルにアップル純正の「ライトニング変換アダプタ」を差し込んで持ち歩くことを登山で推奨しておきます。

これならマイクロUSBケーブルとライトニング端子を1本で持ち歩くことが出来、なおかつトラブルをかなりの確率で回避できます。

今どきの登山用のデジタル機器ですと充電式の場合、ほぼマイクロUSB端子の筈なので、この組み合わせだとケーブル1本でマイクロUSBとライトニングがまかなえるので、あらゆる状況に対応可能なはずです。

アップルのスマホしか持ち歩かない方も出来ればこの組み合わせにしておいた方が無難です。

というのも、この組み合わせなら大本のケーブル本体を多様なマイクロUSBケーブルから自由に選ぶことが出来、ライトニング端子部分もアップル純正なら間違いなくMFIチップ認証系のトラブルは起こらないからです。

【登山の持ち込むスマホケーブルのまとめ】

ビニール製被覆の細めでしなやかなマイクロUSBケーブルにアップル純正ライトニング変換端子の組み合わせを推奨しておきます。

いったい何本のケーブルを使ってきたのか憶えていませんが、この組み合わせが最も信頼性が有り、トラブルに強い構成となります。

ちなみに「防災」を前提とする場合もこの組み合わせは最強です。



Apple Lightning - Micro USBアダプタ MD820AM/A

価格:2,631円
(2017/9/10 05:25時点)
感想(0件)




アップル純正は確かに高いです。
ですが、既に10本程度のMFI認証互換アダプタのトラブルを経験している身としては、結局のところ安上がりだと考えています。


関連記事

コメント

おくら

いつも楽しみにしてます。
こんにちは、
以前なんていう名前でコメントしたか忘れましたが、怖い話のときにコメントさせていただいたものです。

ブログ、おもしろいですね。
かれこれ1年くらい、必ず拝見いたしております。

商品のチョイスとレビューが、ドンピシャはまっております。
mpowのcheetah、fenixのライト、サウンドピーツのP3、ソーラーパネル、中華パックタオル、まだ他にもあるかもしれませんが、購入して、全てその通り最高の働きしてくれてます!

倉庫にいた霊のはなしと、岬めぐりもおもしろいです。岬をフィーチャーして、それを伝えようとするセンス最高です。
東京の実家にいたら、伊豆の岬、行ってましたねー
今住んでる鹿児島指宿には、あんまり近くに岬ないですね。

ボードゲームは、lunaさんのジャンルとは違うかもですが、最近こどもとボードゲームするのが、おもしろく、すごろくやのレビュー見て、ナンジャモンジャ、キャプテンリノ(ボードゲームじゃないか?)買ってます。
バンダイの昔のすごろくなんかも、ネットでほどほどで購入して、お化け屋敷ゲームとかやってます。
アナログなボードゲーム、人情味があって熱いですね。

まだ書ききらないですが、このへんで。

あ、あと最近気になってるもの。
 登山に使うモバイルバッテリは、パナソニックでお変わりないですか?
 キャンプにハンモックは使ったことありますか?
購入しようか、考えております。

luna-luna

Re: いつも楽しみにしてます。
おくらさま

いつもコメントありがとうございます。
憶えております。当ブログの数少ないマニアックな読者様のひとりですので。

【岬巡りについて】
コレは嬉しい限りです。
ここしばらく書いていませんがもちろん「岬」は巡っていますのでネタはあります。
ですが、もしかすると誰も読んではいないのでは?という疑いがあり、書く気力が失せていました。

誰得なんだ?という思いもあるのですが、読んでくれる方がいる限り、少しずつ書きためていく予定です。
とにかく岬巡りは回数を重ねて出て行く必要があるのではっきりいって「近場」でないと巡ることが出来ません。
その点では房総半島にも伊豆半島にも近い今の位置は地の利を活かせる絶好のロケーションでもあります。
お住まいの県によっては海まで遠かったり、鹿児島のように近くにそのような岬がない県もありますのでちょっと人を選ぶジャンルではありますが、最近の日本の地方の廃れ具合は凄まじく、そういったのを目の当たりにしながらたどり着いた先の人のいない岬は素晴らしい景色をもたらせてくれたりもします。

僕はあまり旅の目的地に施設を目標設定しないので、行きたい岬を目指しながらその途中におもしろそうなスポットがあれば立ち寄って楽しむというスタンスです。

時間と予算があれば日本中の岬を巡るのが夢です。

【ボードゲームについて】
家族がいらっしゃるという事であればボードゲームを買う意味があると思います。
僕の場合、基本がひとりですので「ソロ」で楽しむということであまり手を広げられません。
もともとミリタリージャンルのボードゲーマーですので、戻るときもミリタリーです。

ここ最近ではファンタジーの「クトゥルフウォーズ」には食指が激しく動きましたが、3万近い価格を熟考しているうちに「売り切れ」てしまいました。

そもそもプレイヤーが側にいないのは致命的だったりします。

と云うわけでソロで研究プレイが出来るミリタリー系にいってしまいますが、アナログなボードゲームにはそれにしかない良さがあり、もう少し見直されるべきだと思います。

【登山用のバッテリーについて】
基本はパナソニックです。
ですが価格が高いのと容量が少ないので選択肢がなくなってきています。
登山でも1万mah程度の容量は既に必須だと思われます。

そこで前回紹介したC2にパナソニックセルの出番です。
ただし、こちらは出力が0.5Aしかでないのでその点は要注意です。

今の構成ですが、次のようになっています。
■非常用のバッテリーとして薄型カードタイプのmocreo2500mahをひとつ。
これはパタゴニアのLWウエストベルトポーチにジップロックに入れています。
本当に非常用です。

■メインバッテリーとしてC2に3500mahパナソニックセルをひとつです。
もしくは2400mahのパナソニックバッテリーです。

日帰り程度ならパナソニックの2500mahがイチオシですが、スルーナイトのc2もセルはパナソニックが使えますのでトラブルには相当強いはずです。
大容量化も簡単なので汎用性が高いです。

ちなみにここ最近の中華の品質は上がってきていますので以前ほどシビアにならずともOKです。
ただし、中味がリチウムポリマーの方が薄くて軽く作られていますので持ち運びには良いですが格安バッテリーはリチウムポリマーだろうがリチウムイオンだろうがトラブルので信頼性は同等な感じです。

日常ならいざしらず命の掛かった場所にパナソニックセル以外をもっていくのはちょっとオススメできません。
スルーナイト社なども「セルはパナソニックを使え」とハッキリ断言していますので、それはもう変わらない真実ではないかと思います。


と云う訳なのでグレードAセル採用とか韓国製セルとか、色々と良いことが書かれているものもありますが、全然ダメです。
メーカーも関係ありません。
ravpowerとかankerとかもまったく関係なくトラブります。
中華はどれも「運勝負」です。
ankerブランドだから等と買っているのはアホですね。
経験上で言えばまったく何の関係もないです。

とにかくパナソニックセルです。

【ハンモックについて】
中華製の格安ハンモックを手に入れました。
ものは普通に良かったですよ。
ただ、設置場所が見つからなかったので使ったことはありませんが、問題があるような品ではなかったですね。
むしろ価格が1500円ではこれでもう十分では?と思いました。

こういった単純な製品は中華にはまず勝てません。

もしよろしければ中華の評判のいい物を試されることをオススメしておきます。

https://www.amazon.co.jp/TOYMOCK-ハンモック-ブラウン-レインボー-MOZ-4-03/dp/B00U72BAPA/ref=sr_1_5?s=sports&ie=UTF8&qid=1505212674&sr=1-5&keywords=ハンモック

こちらは自立式ですが、自宅でも使えるので予算は少し必要ですが、使い道は多いです。
僕も次に買うのならこういった設置場所に悩まないタイプにすると思います。

ハンモックはそれ自体よりも「設置場所の確保」の方が問題となりますので、こういった自立式はいつでも広げて好きなところでくつろげるので素晴らしいのではないかと。。。

おくら

なんというか、、
回答がすばらしすぎて、恐縮すぎます。

岬めぐり、、おもしろいものを察知する感度が、ものすごいんですね。
守備範囲広すぎます。

グレートジャーニーに出てくる変態(すいません)、突き詰めたマニアックさを感じます。
大好きな番組です。

是非夢を実現して、その信念をも感じさせるライフワークが世の人たちに広まって欲しいです。
世の中がきっと良い方向に向かうと思います。

バッテリーについて、、
そうか、そうだったんですね。
もう一回C2の記事読み返して、よーく理解できました!
初見では、あまりピンと来ていなかったのですが、(18650電池がよくわかっていなかったんだと思います。)なるほど、無駄のない運用方法だと思いました。
今のところ18650電池対応の機器は、持ち合わせておりませんが、今後のためにとても参考になりました。ありがとうございます。

ハンモックも購入されていたとは。
何時でも中華製品をきちんと選別して、時にはチャレンジして、はき出される商品評価は、納得以外の何者でもありません。
中華製品に対する知見と、全体を総括して、新しい視点を与えてくれるレビューは、このブログ以外にはないと思います。
lunaさんが評価された商品は、買う前から、いいに決まってると思えてしまいます。
これも大変参考になりました。ありがとうございます。

ボードゲームは、なにやら、ミリタリー系だけをとっても、(価格が3万円て!)奥深ーい、ふかーい穴に通じているような、そんなことを、一連の(以前のレビューも含めて)コメントから感じてしまいました。深淵な穴のふちから少し覗かせてもらったような感じ。

今のところ正直ついて行けてないですが、そのおもしろさも間違いないのだろうと思えてしまえます。
いつか、自分も身を持って味わってみたいと思いました。

全ての事柄に、とても丁寧にこたえてくださり、本当にありがとうございました。
 
次の更新楽しみにしています。



luna-luna

Re: なんというか、、
おくらさま

いや、あの褒めすぎです・・
そんなたいしたブログではないんですよ・・・

単にバカな人間がお馬鹿なモノを紹介しているというただそれだけのことです・・

ですが、万人受けはしなくとも「買って納得」のモノを紹介したいという意気込みだけはありますが、予算が追いつかずです。
また、買ってみたはいいが紹介するにはひと味足らないものも多く、紹介しないことの方が多いのも事実だったりします。。

前述の中華ハンモックなど値段といい、出来映えといい、なかなかのモノだったのですが、遂に実際に使わなかったので、使わなかったモノを「これはいい」と紹介するわけにも行かずそのまま宙に浮きました。

ハンモックには男のロマンが詰まっているのですが、設置場所が思った以上に難しかったわけです。
専用のキャンプサイト等ではもしかするとハンモックの設置がしやすいように何かあるのかどうか分かりませんが、吊すための支柱が適当な位置にないとセットは難しいと思ったりしました。

家の中では荷重に耐えられる位置に穴を開けてきっちりと支点を打ち込まなければならないのでこれまた難易度が高いなと。
このあたりでいい加減に書いてハンモックの支点が外れて落下したりすると大けがの可能性もあるわけで、そのあたりきっちり確認しないと迂闊には紹介できないわけです。

そういう訳で、その点の問題を一気にクリアするのが自立式のハンモックだったりするわけで僕も1つ欲しいくらいなのですが、死ぬほど欲しいと言うワケでもないのでそのままになっています。


まぁ、紹介するモノに統一感はなく、単に興味のある分野が分散しているだけともいえます。
非常に偏ったブログで、かつ興味が激しく移り変わるので肩肘張らずに適当に興味のある分野のみピックアップしていただければよろしいかと。

そんな感じなので気軽な気持ちで見ていただいて、何かピピっと来たものがあれば購入して試してみるのが良いのではないかと思います。

PS
最近は百均のモノで何か面白いものはないかと探していますので、ろくでもないモノをまた紹介しようと思います。

あと、スルーナイトのC2は単なるUSB式のモバイルバッテリーですよ。
中味が交換可能になっているわけです。
Amazonなどで売られてるモバイルバッテリーをよく見ると「リチウムイオン」と書いてあると思いますが、このリチウムイオンとは普通18650電池のことをさします。
なので、モバイルバッテリーの中味は単に18650電池が入っているだけです。
コレが「粗悪品」なので問題が起こるわけです。
C2はこの中味の18650にパナソニックセルの電池が使えるので信頼性が担保されるわけです。
ダメになったらバッテリーだけ交換可能なのでお得でもあります。
ただし、0.5A出力なのでスマホまでは使えてもタブレットは無理です。










非公開コメント

luna-luna

ウルトラライトハイキング/ラジコン/ミニッツ/防災を兼ねたサバイバルグッズ/Bluetoothオーディオ/モバイルバッテリー/植物などです。

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク

SPONSORED LINK