ウルトラライト登山に行ったらiPhoneを落としてしまった 丹沢菩提峠から三の塔へ

20171105_053345061_iOS.jpg

まとめ
■iPhoneを落とした
■中華バッテリーが死ぬ
■今回の登山は色々とトラブルが多かった



今回は丹沢の菩提峠の駐車場に車を置いて、三の塔の先までちょこっと登山してきました。

本当は毎年恒例の大山登山の為にヤビツ峠駐車場に向かったのですが、なんとそこが満車で、しかも辺り一帯のスペースには所狭しと車が横付けされていてどうにもならず、駐車スペースを探して宮ヶ瀬方面に下っていたらそのまま菩提峠から三の塔の方へ向かおうと計画変更したのでした。

僕は丹沢大山にはもう既に30回ほどは登山していますが、連休の最終日とはいえヤビツ峠駐車場が満車だったのは初めてだったので驚きました。

もともと25台くらいしか入らないはずですが、まだ紅葉も始まっていないのに今年は車で一杯でした。

たぶん真夏からいままでまともに晴れた日が少なかったので、秋晴れのちょうど良い天候で人が殺到したのでしょう。

ヤビツ峠の頂上付近のみうっすらと紅葉が始まっていましたが、これからすぐに段々と赤や橙橙の色彩は下へとくだり本格的な彩りのシーズンを迎えるはずです。

菩提峠の駐車場まであちこちに車が止められていたので嫌な予感はしたのですが、菩提峠はただの大きな野原なのでそれなりの車は止められますが、到着してみるとなんとスペースは1台分しか空いていなかったのでギリギリセーフで滑り込んだのでした。

僕が使う菩提峠から三の塔へ向かうルートはいわゆるメジャーな山と高原地図などには掲載されていないマイナールートなので一気に時間は短縮できますがちょっと勾配がキツいところがあるルートです。

このルートに関して途中に「日本武尊の足跡」という遺跡が中途に有り、その足跡に溜まった水は一年中いつでも枯れることはないと言われています。
確かに僕がここを訪れるのは3回目ほどになるのではないかと思いますが、いつもうっすらとここだけ水が溜まっているという不思議な場所です。

このルートも何度目かになるのでいつも通りと言えばいつも通りでしたが、今回のウルトラライト登山はいろいろとやらかしてしまったでそのことを中心に書いておくことにしました。

20171105_030613315_iOS.jpg


【iPhoneを落とす】
なんと今回は途中でiPhoneを落としました。

予想以上に疲れていたのだと思いますが、2回目の休憩ポイントで寝転んでゴロゴロして炭酸水を飲んでいたらポケットからどうも落ちたようです。

気がついたのがだいぶ登ってしまったあとでしたがどこで落としたのか皆目見当が付かず、途中で数枚写真を撮っていたのでそこまでは持っていたはずなのですが、落としたのに気がついたときにはそのことすら思い出せずにまったく分かりませんでした。

そこで今どきスマホ無しではダメージが大きすぎるので、一緒に行った仲間のひとりをその場に残して僕ともうひとりでスマホを探しながらまた下って戻るという愚行を犯してしまいました。

結局500メートル近く下って戻ると第二休憩ポイントの草むらに落ちているiPhoneを発見できたので胸をなで下ろしたものです。

そこから登り返して合流するまでの辛さと言ったらもう言葉に言い表せません。
下界なら薄暗い部屋の畳の上に正座して小一時間ばかり下唇を噛みしめているレベルでした。

登山でスマホを落とすというのは時々聞きますがまさか自分がそれをやるとは思ってもみませんでしたので反省するばかりです。

これに関しては何か効果的な対策はないかと考えています。

この時、腕時計はFENIX3なので常時Bluetoothでスマホと接続されているのですが、GPS計測中に不意にスマホと接続が切れた場合には「音や振動で」警告してくれれば良いだけなのですがそういった機能はないようで、痛さが増しました。

今度は「忘れ物防止タグ」などを導入して試してみようかなと思っていますが、もともとBluetoothは接続切れが多く役に立つかどうかと云われれば現状では非常に難しいかなと思っています。

これに関してはちょっと真剣に対応策を検討します。
確実に使えるモノが見つかればだいたい屋外なら10メートル程度で「警告」を発してくれるはずなのでスマホなどの重要なものに関しては多少落としたとときのダメージが担保されるはずです。


何か確実に作動するいい物はないかと。

20171105_044312479_iOS.jpg

【中華トランシーバーが絶大な威力を発揮】

今回は以前に紹介した中華製特定小電力無線機を導入しました。

結論から言いますと「絶大な力を発揮」してくれるのでおススメです。

正直に言うともう少し距離が欲しいと言うのが実感ですが、これはこの製品のせいではなく、元々特定小電力とはそのようなものなので致し方ありませんが、軽いし使いやすいといいことだらけでした。

丹沢の二の塔付近は既に携帯が接続不安定なので無線機は大変役に立ったのです。

僕が落としたスマホ探し手に戻ったときも仲間をひとり置いてきてもかなりの距離連絡を取り合うことができたので皆で「これは凄い」とわいわいやりました。

不安だったバッテリーも5時間使用してもメモリがひとつも減らず、これは本当に「あたり」でした。
興味のある方は値段が安いので絶対に買った方が良いと思います。

登山と無線機の相性の良さは異常です。


最高でした。これはいい物です。
絶対にオススメします。バッテリーも持ちます。
問題ありません。

lunaluna302.blog.fc2.com



20171105_044147515_iOS.jpg

【中華バッテリーが死ぬ】

今回はC2を持ち込んだのでバッテリーに不安はなかったのですが、いつもウエストポーチに忍ばせている「薄型カードバッテリー」のmocreo2500mahバッテリーがお亡くなりになっていました。

c2に関しては前日に再充電していたのですが、中華カード型バッテリーに関しては「まあいいや」とポーチに入れたままでチェックしていませんでしたが、今回のメンバーのひとりがスマホの充電が途中で切れたため「そうだ、今回はカードバッテリーを使ってもらおう」と差し出したのですが、なんとまったく無反応で死んでいたという訳です。

自宅に帰ってチェックすると充電できるので完全に死んだわけではありませんでしたが、たかだか数ヶ月間の放置プレーで完全放電はありえないので念のために「廃棄処分」です。

おそらくセルがもう死にかけていると云う訳なのでしょう。

やはり登山にはパナソニックのモバイルバッテリーしかないなと再確認した次第です。


パナソニックのこれが薄型なので買おうと思っています。

lunaluna302.blog.fc2.com



lunaluna302.blog.fc2.com



【今回のウルトラライト登山まとめ】

今回は油断していたのか色々とトラブルが多かったのが反省点です。
更に精進を重ねて行こうと思っています。

何かいい物が見つかればまた記事にしますが、とりあえずは「忘れ物防止タグ」は必須かなと思っています。





lunaluna302.blog.fc2.com



関連記事

コメント

とおりすがり

FENIX3のBluetooth接続
こんにちは。いつも読ませていただいています。

GARMIN FENIX3 のBluetoothの利用についてですが、設定で接続時と切断時に警告を出せる様になっています。(アクティビティ記録していなくても出ます)
音まで出せるかは確認していないのですが、振動するのでその際に画面を見ると接続されたとか切断された旨が表示されてます。(すぐ消えちゃいますけど)

振動自体はユニークな振動では無いので他の通知と思って気にしないことが多いです...

luna-luna

Re: FENIX3のBluetooth接続
コメントありがとうございます。

慌てて設定を確認したら・・・キチンと設定されていました。

ですが、まったく気がつかずです。

登山中にこの振動ではちょっと厳しいですね。

他の方法をいま模索しています。
ありがとうございました。

非公開コメント

luna-luna

ウルトラライトハイキング/ラジコン/ミニッツ/防災を兼ねたサバイバルグッズ/Bluetoothオーディオ/モバイルバッテリー/植物などです。

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク

SPONSORED LINK