【レビュー】 NVMe SSDは効果があるか? 【Samsung SSD M.2】


fiyfyufu.jpg

まとめ
■ベンチマーク以外でほぼ速度差はない
■これを買うのなら同じ予算でSATAの大容量SSDを買うべき
■PCIeタイプならSATAスロットを潰さないのでいくらか有利にはなる



最近はすっかり自作パソコンの中身の交換にお金を使ってしまっていますが、今回はSSDの中でも最新のスピードを誇るPCIe3.0×4タイプのSSDであるSamsung SSD 250GB 960 EVOを買ってしまいました。

写真はすみませんがありません。
既にアイネックスのヒートシンクを貼り付けてマザーボードに実装してしまいました。

これで一体幾つ目のSSDかは憶えていませんが、現状でも既に自宅で7台は運用しているのでたぶんこれまでに15台以上のSSDを買ってきたと思いますが、既にSATA上では500MB/sくらいでスピードは頭打ちでした。

しかも300MB/Sくらいから買い換えてもまったく体感できなくなっていたのですが今回は読み込みで3000MB/Sを超えてくるので、読み込みで6倍近い速度差があるので少しは「体感可能かな」とも感じたのでCドライブ用に購入してみた次第です。

【NVMe SSDは買うべきか】
速度を求めて買うのならハッキリ申し上げて意味はありません。
実際に運用した結果として「速度アップ」はまったく体感できませんでした。

ベンチマークは劇的な結果を表示しますが、実用上では300MB/SのSSDと言われても分からないレベルです。

仕方ないのでベンチを動かしまくったらこれがまたパソコンの性能が劇的にアップするのですが、それくらいしか楽しみがありません。

キャプチャ
Samsung SSD 250GB 960 EVOの結果です。
7700K Z270マザーボードでの検証結果です。
確かにベンチは速いです・・・ベンチだけは。

【SSDまとめ】
性能を求めて買うと肩すかしを食らいます。
ベンチマークだけ速くて体感はまずできません。

NVMeを買う予算があるのなら3D NANDタイプの最新のSATA SSDのより大容量のものを購入する方が理に適っています。
なので500MB/Sくらいのごく普通のSSDを買った方がいいですし、さらにはOS用とデータドライブ用の2台SSD体制を構築した方が体感で圧倒的に速くなります。

今や1番遅いHDDをどうするのか?と云うことが最も問題で、僕も一時的に作業するデータはすべてSSDに移し替えましたが、大量の写真の読み込みなどはもうHDDとは比較にならないほど圧倒的に速くなりますので、こちらの方が効果的だと感じています。

なお、NVMeも最近はだいぶ価格が落ちましたので、OS用として既存のSSDと価格差が少ないのなら買う意味はあるようです。
ただしその場合は必ずPCIeタイプのNVMeを購入してください。

というのもPCIeタイプはSATAスロットを潰さないので単純に使えるスロットが増えます。
これがSATAと排他制御するNVMeだと貴重なSATAスロットが潰れたあげくスピードも変わらないのであまりオススメできません。

ちなみに普通のSATAタイプのSSDに関しては人気のあるCrucialのMX300が同じような価格で525GBなので倍の容量を用意することができます。

将来的なことを考えるとSATAスロットは極力開けておきたいので、以下に該当する方に、関してはNVMe SSDのPCIeタイプを買う理由があると思います。

■SATAスロットを潰したくない方
■ベンチマーク上のスピードを向上させたい方


結論から言えば体感できる速度差は全くないので普通の大容量SSDを買うべきだと僕は思いますが、SATAが既に埋まりそうだという方はOS用のドライブをNVMeにする意味はあるので、予算のある方は検討してみると良いかと思います。




買って損した気持ち・・・がしないでもありません。


僕も使っていますがこちらのSSDはよいモノです。
3D NANDで耐久性アップもポイントが高いです。



by カエレバ



関連記事

コメント

-

大変参考になりました。
非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク