【レビュー】らくらくスマートホンを高齢のパソコンを触ったことのない女性が使ってみた結果・・

fyufufu_R.jpg

まとめ
■高齢者用スマホの決定版
■高齢者向けによく考えられている作り


数ヶ月前のことですが僕の母親の10年以上使いづけていたガラケーの調子が悪くなり、ドコモショップで買い換えることにしました。

ちょうど僕もiphoneを見たかったことも有り一緒に付いていったのですが、母親はショップでスタッフの説明を聞く内に「みんなと同じスマホが欲しい」と言い出しました。

僕は強烈に反対しました。

「そんなモノ使えるわけがない」
「頼むからパカパカする今と同じガラケーにして欲しい」と。

ところが母親は一向に聞き入れません。
ショップのスマホを触って「私もキレイな写真が撮りたい」と言い出すわけです。

たぶんスタッフと一緒に30分ほどスマホを触っていましたが、僕もまぁ電話と写真を撮るくらいなら大丈夫ではないかと錯覚してしまったので、そのままドコモのエクスペリアを購入してきました。

地獄が始まったのはそこからです。

購入後に1時間ほど基本操作のレクチャーをして更に何度も電話をかけたり受けたりする練習をしてから実家に帰したのですが・・・数時間後に念のため電話を入れるとまったく応答がありません。

要するに電話の出方も分からなくなっているのです。

このため母親に連絡を取ることができず、いちいち家電にかけなくてはなりません。

何かあったら困るので何度も実家に帰って操作を確認しましたがやっと原因が分かりました。

■そもそもタッチ操作の押し具合が難しい
■特にスワイプなどの操作はまったくできない
■ボタンが小さく押すことができない
■音量や文字が小さすぎて操作不能



僕らにとっては何の問題もない操作も母親には難しいのです。

そもそも電話に出るための「スワイプ操作」これがまったくできないわけです。
単にボタンを押す操作も指がズレるしなおかつ指の力加減に問題があり反応したりしなかったりします。

ここで僕の母親について書いておくと、いわゆる「本物の専業主婦」です。
なにしろパソコンをたぶん生まれて一度も触ったことがありません。
ガラケーも電話に使うだけでメールなど送られてきたことはありません。

結局、電話に出ることもできないことが判明したのでドコモに相談してエクスペリアをいったん返品して「らくらくスマートホン」に買い換えました。

実はこの時にも僕は猛反対したのですが、母親としてはやはりみんなと同じ「スマホ」にこだわりたかったのでしょう。
どうしてもスマホを使いたいこと、また写真がキレイに取りたいことを切々と訴えるので折れてしまったのでした。

この時母親の一言はこうでした。

「わたし、らくらくホンなら使えると思う」

fiiyfgig_R.jpg

【らくらくスマートホンについての感想】

まず高齢の方で今までまともにパソコンなどを使えなかった方がスマホを欲しがった場合、絶対に反対すべきだと僕は思います。

いろいろと無理がありすぎるのです。

ただ、それでも欲しがる場合があるとおもいますので、そういうケースでは「何が何でもらくらくスマートホン」を選択するべきです。

このスマホ、色々と細かなところに問題点はありますが、非常に良く出来ています。
今最新のらくらくスマートホンが4なので細かな改良が続けられてきたのだと思いますが、これぞ日本製だと言えるこまやかさが有り、高齢者のことを良く考えて作られています。

メリット
■高齢者には難しいスワイプ操作がない
■タッチ操作は「強く押し込む」という動作しかないので迷わない
■ホーム画面が分かりやすい
■iPhoneや他のアンドロイド機と比較すれば唯一無二の出来映え

デメリット
■着信音が小さい
■文字が最大でもまだ小さい
■マナーモード切り替えボタンが独立して存在していない
■手帳タイプのカバーが必須
■各ボタンをもっと大きく離して配置して欲しい
■ガラケーよりも数段上だが最新のスマホから見れば写真が荒すぎる


まだまだ改良の余地はあると僕は思いましたが、高齢者向けスマホの中ではダントツの出来映えで、これでダメならもう使えるスマホはないと断言できます。

なんとか母親も電話をかけたり受けたりと写真を撮るというこの3つの目的は果たせていますので良かったかなと思います。

ただし、一緒に手帳タイプのスマホカバーは必須だと思っていてください。
これがないと握ったときに音量ボタンに触れてしまうので電話の着信音が意図せずに小さくなりなかなか着信に出てもらえません。

fyufu_R.jpg

【最後に僕の感想】

正直に申し上げて今までガラケーしか使ったことがないのなら心を鬼にして同じタイプに買い換えるべきだと思います。

スマホは敷居が高すぎます。

特に注意したいのは離れて暮らしているケースで、この場合何か操作が分からなくてもとりあえず近くなら行くことができますが、離れていればそういうことはできないので「確実に電話が使えるガラケー」ということを狙った方が良いと思います。

僕の母親のように「どうしても欲しい」という場合は間違ってもらくらくスマホ以外のスマホを購入してはいけません。
例えその場で操作できているように見えてもやはり無理があるというのが母親を見ていた僕の結論です。

そういう意味では今回の富士通のらくらくスマホには感謝しかありません。

近所の遊びに来てくれる猫の写真を撮っては毎日眺めているようですので新しい楽しみができたようです。





ぼくが母親にプレゼントしたのはこれです。
どうも原色バリバリのカバーでないとスマホが見つけにくいようです。
握ったときに不用意にボタンに触らないようにするためにはこういう手帳タイプのカバーは高齢者には必須です。

関連記事

コメント

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク