Googleって本当はバカなんじゃ・・・・凡人のおもちゃになる天才集団【コラム】


bakanisuru.png



2017年度は昔からブログをやっている人にとっては「激動の年」ではなかったかと思います。

2月頃に突如として検索アップデートが行われて、巷では阿鼻叫喚が溢れました。

内容がよく分からなかったためと、いままではブラックな手法に対して対策が打たれていましたが、どうも2017年度のフレッドアップデートから始まる一連の流れはホワイトなサイトまで地獄の底に突き落とした感があったからです。

こういう時にSEO対策のサイト等を見るとバカのひとつ覚えのように書いてあります。

「ユーザーの為のサイトをつくろう」

要するに優れたユーザー体験を持つサイトではないから落ちた、と言うばかりです。

これって本当なの?

と云うのが僕の思いです。

だってそうでしょう?

最悪のユーザー体験を持つサイトがずっと長い間検索トップをとり続け、勝ち続けてきました。

有名なところでは医療系のサイトとかヘルスケア大学とか、旅行関係ではリトリップとか、山関係では最悪のクソサイトであるYAMAHACKとか。

でもね。

一部のサイトは騒いだので落ちたのであって、未だにYAMAHACKとか幅を効かせているわけです。

リトリップだってなんのユーザー体験もない単なる脳内旅行キュレーションサイトなのに未だに膨大なアクセスを持っています。

確かにリトリップなど半分くらいにはPVが落ちている筈なんですがそれでもまだ超巨大なサイトなんです。

YAMAHACKやCAMPHACKなどは今でも検索トップを多数とり続けています。

Googleはしばらく前から検索アルゴリズムでサイトの順位を決定していると言いますが、そのパラメーターを人間がちょこっといじっているだけとは言います。

でもインターネットで検索が始まってからずっとGoogleが「攻略」されなかったことなんて一度もないわけです。

今でもそうなんだと思います。

こんなに何十年もの期間、出来もしないことを偉そうに上から目線でやり続け、あげくの検索結果はゴミの山。

要するにGoogleは単なる「バカ」だと思うんです。

アルゴリズムにこだわることなんか辞めて、お金を持っているんだから「マンパワー」に頼ることも必要だと思うんです。

だってそうすれば一瞬でクソサイトは消えますよ。

YAMAHACK? SAKIDORI?

ああ、こりゃダメだ。ドメインごと「圏外」に飛ばしてしまえばいいんです。

そんな簡単なこともせずに出来もしないアルゴリズムに頼るからいつまで経っても検索上位はクソサイトが占拠するのです。

そしてバカのひとつ覚えみたいに「ユーザー体験を上げよう」と。

てめぇの知能指数を上げろと言いたいのですよ。

何がユーザー体験だと・・chromeブラウザなんかしつこく何度も「標準ブラウザに設定しますか?」みたいなクソウザイ表示を何度も何度も出したりしているくせに、どの口でユーザー体験なんて言えるのかと。

Googleは天才みたいな人しか入社できませんが、常に裏をかき続けられるGoogleには「東大出のバカ」と云う言葉を贈りたいと思います。



関連記事

コメント

非公開コメント

luna-luna

ウルトラライトハイキング/ラジコン/ミニッツ/防災を兼ねたサバイバルグッズ/Bluetoothオーディオ/モバイルバッテリー/植物などです。

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク

SPONSORED LINK