新型GPSレンジマンGPR-B1000がガッカリ過ぎた 【レビュー】

20180309_101108595_iOS_R.jpg


まとめ
■ガッカリ感が凄い
■GPS感度が悪い
■操作性が最悪



カシオの新型G-SHOCKのGPSレンジマンを無事に購入致しましたので、ファーストインプレッションをしておきます。

ちなみに最初に云っておきますがGW-9400レンジマンGPSなしに関してはかなり使い込んでいて、今回のGPR-B1000 GPSレンジマンに関しては大きな期待を寄せ待ちに待っていた製品であるとは伝えておきます。

そこでさっそく発売日に手に入れましたので「超速インプレッション」としてGPR-B1000をレビュー致します。

超速なので幾つか間違いや勘違いが発生するかもしれませんが、大まかな感想は変わらないと思います。

【全体の所感】
僕はGPS機に関しては腕時計タイプからハンディタイプまでガーミンを中心に一通り使ってきていますが、今回のGPR-B1000レンジマンに関しては色々と思うところがあります。

細かい部分で分かっていることは具体的に羅列していきますが、ざっくり言うと今どきのスマートウォッチではなく、ちょっと期待外れだったという事になります。

僕が手に入れて触っている限りでは「かなり問題のある製品」で、特にガーミンのスマートウォッチを使ったことのある方なら絶句するほど出来は悪いです。

【GPR-B1000レンジマンの問題点】

■GPS感度が恐ろしく悪い
ちょっとあり得ないほどGPS感度が良くないので、電波受信が困難を極めます。

2018年の今どきこの感度はあり得ないと言い切れます。

自宅においてこれまで数多のGPS感度をテストして確認してきた室内でまったく電波を受信できません。

この環境でガーミンやiPhoneは問題なく電波を受信できるので本当に考えられないほど劣悪なGPS受信性能です。

ちなみに色々と確認したところ、完全に空が見えている場所では無いと受信が困難なような印象を受けました。

また衛星受信状況もまったく分からず、精度も不明ですが、何回か屋外にて試した限りではGPS精度もあまり良くない印象です。

この精度では登山などの厳しい環境では使い物にならないでしょう。

■操作性が極端に悪い
とにかく操作性が悪く、どうにもなりません。

特にロータリーボタンでメニュースクロールするのですが、このクリック感が少ない為、思ったところにカーソルが移動しません。

イライラがマックスです。

ボタンも誤作動防止のため奥に引っ込んでいるので操作しづらく、グローブをしての操作は困難を極めるでしょう。

ボタンを押し込んでの決定動作もフニャッとした操作感でフィードバックが分かりづらいです。

クイックストップウォッチ機能は無くなり、単位は秒刻みでコンマ以下は表示もできません。

回転させるロータリースイッチの操作性が悪いためすべての動作に悪影響が有り、触っていてイライラするばかりです。

この2つは致命傷だと思われます。


■バッテリーの残量がわかりにくい
残量メーターのみですが4段階中2段階まで減るとGPSは一切起動しません。

使っている最中にこのGPSがダウンするタイミングがまったく分かりません。

しかもGPSが起動しなくなるだけではなく、そこに関わる動作、ログなども一切操作できなくなるので閲覧することすらできなくなります。

この為、バッテリー表示が2段階になるとGPSボタンを押してもメニューの表示すらできなくなります。

■スマホのアプリからルート作成しても時計本体にはルート1本しか転送できない
スマホで幾つかルートを作成しておいても時計には一本しかルートを保存しておくことはできません。

常に1本のみしか転送できず、その都度スマホから送り込む必要があります。

■登山でのルート作成
アプリ側でルート作成しますが、地図での登山道表記はほぼゼロです。

なので現地でいきなり詳細な登山道に沿ったルート作成は不可能で、あらかじめPCでGPXデータとして作っておく必要があります。

付属のアプリの地図は道路と駅などに特化している地図で登山では使い物になりません(拡大すると等高線は表示されます)

もしいきなり登山で使うのなら、稜線を繋いで方向と目的地のみでアバウトにルートを作ることだけです。

ただし、スマホのタップ動作でのルート作成は簡単で評価はできますが、登山用途ではあくまで本当に大まかなルート作成のみだと思ってください。

■アプリついて
iPhoneですが、何回か試している中でもアプリがハングアップします。

ルート転送も「失敗」が何度か表示されますのでまだまだ熟成されているとは言いがたく、これまでのカシオの実力から言っても短期間で改善されるとは言いにくい部分があります。

細かい設定はスマホ側から本体に送れますのでこの点は評価が高いのですが、確実に動かなければ意味がありません。

20180309_101124283_iOS_R.jpg

【GPR-B1000レンジマン超速まとめ】

ハッキリ言って「ゴミ」に近いです。
買って後悔しかありません。

既にガーミンが2万程度のGPSウオッチでもかなりまともにログ取りできることを考えるとGPR-B1000レンジマンのGPS感度はちょっと想像を絶するダメさ加減でした。

上記以外にも書かなかった細かい操作や使い勝手で問題が多く、良い部分を探すのが大変なくらいです。

GPSウォッチのGPS感度としては今まで使った時計タイプの中でも「最悪」に近く、お話にならないと言い切ってしまえる程度の性能しかありません。

操作性の悪さも決定的で、使っていてイライラばかりが募ります。

僕もレンジマンの名前を冠されているのでかなり期待していたのですが、購入したことを大きく後悔しています。

ちなみにこの時計が活用できる方というと、やはり「登山」や「サバイバル」系の用途になるかと思われますが、ぼくはこの時計に命をかけたくありません。

GPSなしのGW-9400レンジマンをお持ちの方は手放せずに愛用していきましょう。

9400はやはり名機です。


by カエレバ


by カエレバ


lunaluna302.blog.fc2.com


関連記事

コメント

レンジ男

おお! 早速入手されましたか!
主様はGPS関連に精通されているので貴重な比較データはありがたいです。
私は比較出来るウォッチ類を持っていないため、もし買っても「こんなものかな」と納得してしまったかもしれません。

やはり操作性は悪いでしょうね。
私は右利きなので問題ないですが、今回のダイヤル操作は左利きで右腕に巻く人には致命的に使い辛いでしょう。

巻いてみたサイズ感と重さはどうだったでしょうか?

最近のCASIOの迷走感は残念ですが、時代の風潮で次々に新製品を出していかないと企業運営は成り立たないのでしょう。
GW-9400はレンジマン内の住み分けで廃盤にはならないと思います。
この新型のおかげで9400の完成度の高さと使い勝手の良さが再認識出来ました。

やはりしばらくは新型を買わずに様子見してみます。
この手の機器はバージョンアップも早いでしょうから。

レンジ男

連投すみません。
先日家電店で触った際に確認出来なかった事項がありまして、もしよろしければお暇な時にでも試していただけませでしょうか?

バッテリーは1つで時計機能とナビ機能で共用のようですね。
カタログ通りに残量が減るとナビ機能が使えなくなり従来のソーラー時計のようになります。

その時点で・・
右下のレシーブボタンのメニューから
・GPSによる時刻受信
・GPSによる時刻&位置情報取得(特にこちら)
は可能でしょうか?
そしてその位置情報(緯度、経度)は表示されますか?

これが可能なら、ナビ機能やスマホ連動無しで、GW9400からマルチバンドを排除してGPSから時刻&緯度経度のみ取得できるモデルを出してくれれば私の理想にかないます。

緯度経度さえわかれば紙地図で現在地が判りますし、それこそ紙でなくてもスマホに地図を入れとけば事足りるでしょう。
現在地さえが判ればGPS不要でコンパスのみて移動可能ですし。

luna-luna

Re: タイトルなし
レンジ男様

待ってました(笑)

いやこれほとんど欠陥品ですよ。

サイズ感は腕に捲くと気にならないというか、重さも特に気にならないんですよ。
それでこれはアタリだと思ったんですが・・・

とにかく中身がどうしようもない代物です。

どうもGPSデータもスマホには転送できるのですが、そこから先に出す方法がなく、データも何も活用できません。
今試している限りではGPS取得中もバッテリーが無くなるといきなり瞬断してそれきりみたいな挙動してます。

そもそも画面からはバッテリーがいつ無くなるのかまったく読めないんです。

気圧と高度と日の出日の入りとナビ画面のみはメイン画面に選べるのですが、コンパスは悪名高いロータリースイッチでちまちまと選択しないと出てきません。

何をするにしてもストレスが溜まります。

それに本文にも書きましたが、GPSの受信精度はヤバいですよ。
初代FENIXにすら遠く及びません。
iphone3GSとか4レベルかそれ以下かもしれませんよ。

なにしろ衛生を幾つ受信しているかも分からず、精度の表示もどこにもありません。
なにもかも分からないんです。

恐ろしいです。
いま2018年ですよ・・・







luna-luna

Re: 新型GPSレンジマンGPR-B1000がガッカリ過ぎた 【レビュー】
まだためしてませんが、多分できません。
なにしろバッテリーが2つ表示になるとgps関連は一切起動しません。
メニューすら表示されません

luna-luna

Re: タイトルなし
今試しました。
やっぱり無理です。

そもそもバッテリーメーターがふたつになるとGPS関連機能はすべて利用不可です。
この為、ログを見ることはおろか、トラックバックの為の軌跡表示もできませんし、GPSで位置スタンプメモリーした記録も閲覧不可です。
なので記録した緯度経度にもアクセス不可という謎仕様です。

この状態からスマホに接続してそちらで何とか見られるような気もするのですが、データ転送に失敗するので未だに1回しか成功していません。
なのでよく分からないのですが、そちらでも緯度経度情報は見られなかったような気がします。

そもそも詳細な生データにアクセスできないのではないかと・・・

あくまで地図にポイントと軌跡が表示されてるだけだったような気がします。

ちなみにiPhoneとアンドロイド試しましたがログ・インポートができません。

うーん、これどう考えても単なるゴミですよ。

いまもGPS受信を試したんですが・・・窓際でも受信せず・・・・この寒空に完全に表に出ていってやっと受信開始しました。
あり得ないです。



luna-luna

Re: Re: タイトルなし
更に情報です。
たとえばバッテリー切れの状態からモバイルバッテリーに接続してもバッテリーメーターがふたつ以上に回復しないと電源接続していてもGPS関連の情報はすべてアウトです。

つまり、モバイルバッテリーを使っていても本体のバッテリー充電量を回復しないとGPS起動させられません。
バッテリーが回復するとモバイルバッテリーに接続しながらGPS記録が開始できます。

まぁこれは理解できなくもない仕様なんですが・・・・なぜメモリーした位置情報までアクセスできないのかは理解不能です。
これ設計した人間はどういう人物なのか・・・

レンジ男

夜中にワザワザ試していただき恐れ入ります。
無理でしたか・・
GPSによる時刻受信は既存のソーラーウォッチで普通に出来る機能なのに驚きです、それ程電力を消費するとも思えませんし。
それが出来ないなら、残念ながら私にとって全く価値がありません。

今のところCASIOのスマートウォッチ系は地雷続きですね。
以前コメントしましたが、もしベゼルも緑だったら速攻で予約してるところでした。危ない危ない!!
この点はデザイナーに感謝です(笑)

用意していた10万円浮いたので他の物に活用させて頂きます。

いつも読んでますっていうかお世話になってますw

大枚叩いての人柱いつもありがとうございますw
レンジ男さんも仰ってる通りアップデートで大変身するかもしれない
ので(バッテリー表示まで変えられるとは思いませんが。。)
続報をお待ちしております。
とりあえずこの先もGW-9400大事にしますw

luna-luna

Re: タイトルなし
yuki nakano先生さま

スグに誰だかわかりました(笑)
9400は凄い名機だと云うのが改めて分かりました。

一生モノの時計ですよ。



luna-luna

Re: タイトルなし
レンジ男様

> 用意していた10万円浮いたので他の物に活用させて頂きます。

その方がいいと思います。
何かいい物を手に入れたらぜひ教えて下さい(笑)

もう本当にこのGPSレンジマンを設計したカシオの担当者とGOサインを出した上司は左遷させた方がいいですね。
おまえ、本当にこれに命をかけられるのかと。

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226/m/md3d3a13a114f

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク