防災用の備蓄専用非常食はいらない 生活のパターンをちょっとだけ変えることで対応しよう

180617-175629_R.jpg
とにかくマズい尾西の非常食

まとめ
■備蓄用の専用非常食はいらない
■普段の生活をちょっとだけ変える
■水だけはタップリと用意する



どうも、防災グッズマニアです。

防災用の非常食というのは選択がかなり難しいもので、何がと云うと一番は「保存期間」です。

たいていの場合、非常食の保存期間は3年くらいで、尾西のアルファ米ですと5年くらい期間がありますが、非常食の保存期間としてはかなり長い方です。

味を優先するとせいぜい3年くらいがいいところではないかと思いますが、ごはん類は3年でも厳しいような気もします。

なぜかというとあの売れまくっているレトルトごはんである「サトウのごはん」の賞味期限は8ヶ月で、たゆまぬ企業努力と研究を続けても味を落とさずにごはんを保存できる期限はだいたいこれくらいではないかと思われるからです。

コレは僕の単なる印象ですが保存期間の長さと味は比例しているようで、長期保存が利くものほど味はマズい傾向があります。

ですので非常用保存食と味は基本的に両立しません。

この長期保存用の非常食が本当に必要なのかどうかと言うと、最近では「いらないのでは?」という考えに傾きつつあるのでその点をすこし書いておきたいと思います。

【行政に防災用備蓄を問い合わせてみた】

以前、ちょっと必要があるので住んでいるマンションの防災計画に関わったことがあり、その時に市役所に電話していろいろと聴きました。

主に備蓄してあるモノを質問したのですが、コレが驚くべき事に「基本的にはまったく足りない」という事実が分かり愕然としました。

今回は本題ではないので詳細は省きますが、ようするに「南海トラフ級の大規模災害」に見舞われた場合、行政のもつ物資ではまったくお手上げです。

例えばです。

僕の住む市はだいたい20万人くらいがすんでいますが行政の備蓄保存食は約3万食です。
つまり1日1食ですらまかなえません。

つまりです。

ここから考えられることは・・・同時多発的な大規模災害に対する対応を行政は既に「諦めている」ということです。

局地的な災害には行政は十分に対応できるのですが、食料以外でもその他装備(テントやトイレなどハードウェア)も愕然とするほど数が少ないので予算的なものから既に対応を諦めているというのが僕の印象です。

そこで基本的な食料ですらなぜ行政がたったの3万食しか用意していないのかと聞いたところ、

「各家庭の普段の食料品があるのでそれでなんとかして貰う」

と云うことのようです。

米や食料などは必ずあるでしょうからそれで凌いで貰うというのが、基本方針のようです。

東日本大震災以降、行政の推奨する食料備蓄は3日間から7日間に延長されましたが、コレを基本としても「いま各家庭にある食料でなんとかする」ということだと思います。


120501-012907_R.jpg
三陸町の海岸沿いです。

【今後の防災用備蓄食料の考え方】

1番いいのは「家庭の食料品を常に切らさない」という事だと思います。
ここ最近の僕の考えでは「専用の非常食はいらない」という思考に傾きつつあります。

そもそも味も悪ければ管理も面倒で、3年や5年ごとの入替作業の手間とコストもバカに出来ません。

こんな事をするくらいなら米が半分くらいになったら必ず新しいものを購入していざという時に備えた方が「美味しいし確実」だと言えます。

ハッキリ言って尾西のご飯は食べ続けると脳にガクンと来ますので、生きる気力がそがれます。
わざわざ高いコストをかけて備蓄するほどのものではなく、そんなことをするくらいなら「家庭の食料を絶対に切らさない」ということを心がけるだけで十分かなと思うわけです。

あえて備蓄するのなら家庭用ではなく、クルマのトランクや職場に数日分だけストックしておけば十分でしょう。

量が少なければ管理も楽ですし、コストもそれほど掛かりません。

そうそう、僕は東日本大震災以来、クルマのガソリンは半分以下にはしないようにしています。

常に半分くらいになるとガソリンスタンドに駆け込んで一定の数値以下にガソリンが減らないように注意していますが、それと同じ事を食料品でも行うといざという時に確実に効果があると思います。

そういう訳で「わざわざ専用の非常食」は必要なく、普段の生活をちょっとだけ変えて米と副菜(ふりかけやレトルトパックなど)をとにかく切らさない、と云うことで対応しましょう。

追記
水だけはタップリと用意しないとダメです。
これはどうにもなりません。

市の防災担当も「水は貯水場にタップリあります」というので、給水車は?と聞いたところわずか3台なので・・・道路が寸断される大規模災害では給水車がそもそもやってこない、でしょう。

水と浄水器、これだけはいついかなる場合でも必須です。


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


 




関連記事

コメント

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク