都内から行ける秘境。伊豆の吉田海岸は携帯圏外の謎の場所だった

190324-152524_R.jpg 

秘境。
それは男のロマン。憧れはあっても関東で秘境などなかなか出会えるものではなく、本物は数が少ない。

伊豆を走り回ること約3年。魅力に憑依されたように熱に浮かされたまま伊豆を旅してきました。

色々と面白いところや不思議な場所が多々あるのですが、先日訪れたのは南伊豆の最先端に位置する閑居な吉田海岸です。

有名な石廊崎の近傍にある田舎の取り立てて見所のない辺鄙な海岸。

隣の入間などと比較しても更に到達困難な地域でバスも発着していません。訪れようとすれば車か、徒歩しかないという取り残されたような趣があります。何か観光に適した見所もなく、時が止まり、平成の手前で踏みとどまっているような地域。

そもそも南伊豆は石廊崎を初めとして何度も何度も訪れているのですが、日帰りだとどうしても滞在時間が限られます。自宅から下田付近まで下るだけでもなんだかんだと3時間近くは掛かるわけで、特に朝食を食べたり少しでも混雑していれば更に時間は加算されます。

だいたいがまっすぐに南伊豆の先端まで至ることは少なく、1カ所くらいは浮気して寄り道などしようものなら、弓ヶ浜や石廊崎に至る頃には13-14時くらいになる事も多く、帰りの時間も逆算すると現地に滞在できる時間は限られます。

しかもせっかくここまで行くのだからと思うと天候も非常に大事。

快晴の日を狙いたい。

ところが快晴の日を狙っても現地に着くと強風が吹いていることも珍しくなく、特に海岸線付近は日によってはただ立っているだけで後ろに数歩下がっていってしまうくらいの風に見舞われます。

石廊崎など台風かと思うくらいの風が吹くときもあり「身体ごと持って行かれる」くらいの強風です。

そうなるとゆっくりシートを敷いてひなたぼっこなどとても出来るものではなく、平地にいるのに山の上にいるような気分が味わえます。

今日はもともとが入間港や吉田海岸を目指していたので、というよりも入間港から時間があれば千畳敷カールを徒歩で目指したかったのですが、いつもの如く弓ヶ浜に立ち寄って食事したり住み着く猫に挨拶したりと寄り道していたら入間についた時間を考えると千畳敷まで歩くのはちょっと厳しい。

そこで入間の漁港の散歩に切替て付近のまるで海岸線から吹き上がる風に立ち向かうかのように密集する家々の風情や軒先に散漫にぶら下がる干した魚を眺めながら散策するだけにとどめて、急いで次の目的地である吉田海岸に向かいました。

20190324_062523903_iOS.jpg 

吉田海岸。

事前にグーグルマップで地図だけを確認すると、海岸までは細い曲がりくねった一本道があるだけで食事処も1カ所あるのみ。

僕は旅のルールとしてグーグルアースで確認することはしません。これをやるとせっかくの旅の発見が少なくなり、感動がどうも薄れます。調べすぎることは良くない。

それにしても吉田海岸の入り口となる分岐の場所がどうにも分かりません。

僕は何度もこの付近を車で通り過ぎています。
だいたい普通の道があるのならなんとなく憶えているか、自動的に曲がって探検しています。観光地になりそうなところなら大きな道標の看板があったりするので、わかるものなのです。

ところが吉田海岸の入り口となる場所がどうしても想像できません。

実際、現地に行ってみて分かったのは、道が細い。石廊崎やあいあい岬方面から向かうと吉田海岸へは左折するのですが、この曲がり口が本当に小さな車1台通れる程度の山の中に消えていく道であり、そこに設置された看板もとても小さく古びて謙虚です。

小さな字で「海の里 吉田海岸」と書かれているだけ。なんとなく錆びているのも悲しみを誘います。

やるきがねぇ。やる気が無いどころか人を呼ぼうとする気迫もありません。

その山道も基本的には車が1台通れるだけで、所々にすれ違う場所もある事はあるのですが、場所によっては100メートル単位でバックするしかすれ違えない道。最初はしばらく登りになり、中途の竹林は荒れ果てていて折れた竹があたりに散乱しているような状況で、とても人の管理が行き届いているようには見えません。

細く九十九折りの小径は舗装されていますが、驚いたのはまだ晩冬で植生が薄いのにもかかわらず、頭上の木々から垂れ下がる蔦が車に当たる。

これでは緑が濃くなる暖かい季節はもっと酷いのでは無いかと思います。

ここは・・・大丈夫なのか。

あちこち走り回ってきましたがここは特に人の気配が感じられません。

数キロほど下ると段々と道に明るさが増し、突然、民家が目に飛びこんできました。そこから先は民家が点在しているのですが、ほっとしたと同時にやはり道が狭く、細いのは変わらない。

どこかに止めて散策しようにも止める場所が見当たりません。だいたいこう言う海岸付近の集落はいくらでも平地が余っているものなのですが、そういった空間が何も無く、あたりは点在する民家と細い道が続いているだけです。

限界集落。

奥多摩の日原鍾乳洞に向かう道にも中途に崖にへばりつくように何十軒の家が密集している箇所がありますが、そこも車を止めるスペースが無く、散策を諦めたことがありましたが、ここもそういった限界集落的な匂いを振りまいています。

緩やかな下り道をいくと展望が幾らか開けて、辺り一面にアロエの畑が広がり、更に下ると草原のように背の高い草があたりを埋め尽くして少し先に車止めとトイレと海岸の堤防が見えてきます。

やっとついたと思うのですが、やはり車を止めるスペースがほとんどありません。

おそらくこの場所で2台がやっと。この時は先に1台が止まっているので、僕が止めるともうUターンもやっとという具合です。

あたりは草原のような平地になっているのに駐車場は全くないのが素晴らしい。観光客向けの立派なトイレが建設されているのに駐車場がないのは、驚きます。

人を受け入れたいのか静かに暮らしたいのかが分からない。

海は堤防のせいでそのまま直視できませんが、低い堤防を上がると左右を切り立った崖と岩に囲まれて荒い海が広がります。海岸線はゴロゴロとした黒っぽい大きな石が敷き詰められたような泳ぎには適さない場所でした。

波も荒い。

20190324_062625990_iOS.jpg 

更に辺りを見回すと、海岸線沿いの荒れた草地になぜかぽつんと一軒のロッジが見えます。ところがそこに至るまでの道も見えないし、駐車スペースも無い。赤っぽい謎の家です。

おそらく別荘だと思うのですが、隔絶されたようであまりにも怖く寂しい。ロッジ風別荘からイメージされる優雅さが微塵も無い。

しかも、途中から薄々感づいていましたが、スマホをふと見るとドコモのアンテナが1本も立っていません。車ではストリーミングで音楽を流しているのですが、それが途中で停止してしまったので電波が無いことは気がついていましたが、改めて見ても電波が無い。

この世の果て。

今どき登山でもメジャーな山ではドコモは結構繋がります。それが民家が点在するこの場所で事実上の圏外表示。

もしかするとドコモ以外のキャリアと一括契約でアンテナを立てて貰っている可能性もありますが、ちょっとよく分かりません。

ちなみに帰りがけに電波がどこまで来ているのか確認しながら走ると、ちょうど集落の入り口付近までは3G表示が確認できたので、なぜか村に入ると電波が消えます。

ですのでここで崖崩れが起こって道が塞がると往来は途絶え、携帯もつながらないので、こういった場所で殺人事件が起こって、犯人はこの中にいます!!!とK田一さんやKナンさんの探偵ごっこが始まるのだなと思います。

まあ、ここで密室的な殺人事件が起こっても僕は驚きません。南伊豆なので暖かくカラッと晴れたイメージなのですが、限界集落によくある八つ墓村的な何かを感じました。

吉田海岸・・・・今度は風の緩やかなときにゆっくりと訪れたい時の止まった現代の秘境でした。

ちなみにジオパークトレッキングの道は崖沿いに千畳敷カールの方に続いていますので、一泊などを前提に予定を組んで伊豆の魅力を堪能するのもありでしょう。できれば風のない穏やかな日に実行したいものですが、いくまでわからないので難しいところです。




関連記事

コメント

TIKO

師匠!
ブログ更新楽しみにしていますね!

PS.伊豆の西海岸から突先の岬の方は良いですよね!
サイクリングで良くいきました。

luna-luna

Re: タイトルなし
TIKOさん

どうもです。
更新が滞っていてすみません。最近ではすっかりオーディオ系ブログに注力しています。

登山の方は月一のペースで再開しましたが、新しいものをほとんど買っていません・・・。今月は伊豆の八丁池に行きましたが、僕の体力では片道7キロ以上は長すぎました(笑)。


>PS.伊豆の西海岸から突先の岬の方は良いですよね!
>サイクリングで良くいきました。

あのあたりにサイクリング?自転車で?
驚きました。

クルマでたどり着くだけでもかなり厄介なところなので・・・ご存じだと思いますが。そうそう、石廊崎にガツンと新しい施設が出来ましたので再訪する予定です。


tiko

オーディオ系ブログですか!

最近ネットオーディにも興味がでてきて
(とはいっても5~20万以下の安価のモノの組み合わてるだけですから)
師匠の嗜好がそちらでしたら、読ませていただきます。
どちらですか?

luna-luna

Re: タイトルなし
TIKOさま

どうもです。
いやいや、オーディオの方に無理に来る必要はありませんよ。
適当にやっています(笑)

わざわざありがとうございます。


非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク