アマゾンechoがあまりにもバカだった件。

jopjopjp.jpg

今、巷ではアマゾンechoやらGoogleホームが話題である。
声で命令すると対応したスマートプラグやランプが動作して生活を劇的に便利にする。

僕はスマートプラグは相当早い時期から使い倒している生粋のマニアである。ちょっと使ってみようかなと云う、そこらのトウシロとはワケが違う。

試しに自宅のスマート機器の数を数えてみると、

■スマートプラグは4社で20個。
■赤外線スマートリモートコントローラーは4個
■Bluetoothスマートライトは2個
■Wi-Fiスマートライトは3個


とスマート関係だけで29個もの機器を設置して活用している。

にもかかわらず・・・これまでアマゾンecho等の機器は導入してこなかった。コントロールはすべてスマホを使ってポチポチとONOFFしている。連係動作もオーディオ関係はちょっとだけ複雑なので赤外線スマートリモートコントローラーを中核にしてシーンを活用しながら時間差で動作させたりしている。

もちろんエアコンなどもスマホで動作させている。
ちなみに機能豊富なエアコンだとリモートコントローラーを使用しても全部の動作を完璧にこなすのは非常に困難で、その意味も無いので、基本動作のみ割り当てている。

時間をかけて揃えてきたのと、全部で7社の製品が混在していることもあっていろいろと面倒なことになっている。

本来はスマホを使って手動で動作させるときは、できる限りメーカを統一した方がいい。
ひとつのアプリを使って一括でオンオフなどを設定できるので便利なのだ。

これがウチのように各社の製品が混在していると一括でONOFFが出来ないので、非常に不便になる。それでも自宅の場合は基本的に複雑な動作が予定されるようなケースではすべてblordlink社の製品を使っていたり、それぞれ微妙に機能が違うので適材適所に合わせてうまく活用している。

それがアマゾンechoを導入すると、これがゲートウェイ/ハブの代わりを果たしてくれるのでメーカーに関係なく管理できるようになる。

例えばmerossとTP-linkのスマートプラグがアプリを介さずにコントロール出来る。

これまでは自宅の機器をとにかくIot化するのに懸命だったのでアマゾンechoは一番最後に導入してみようと考えていたのだが、最近、遂にその時が来たのではないか?、と思い至ったので初めてechoを購入してみた。

【バカ野郎!!こんなもんいらねえよ】

結論から言うと、アマゾンechoは数日試して使い物にならないので返品した。

■命令をだしても理解しないコマンドが多数存在する

アプリとスマート機器は問題なく接続されスマホからはONOFFは出来る。もちろんアレクサアプリからも手動でコントロールも確認している。

つまり何の問題も無い。

この状態で「話しかけてもコマンドを理解しない」ケースが多発する。一度このケースが発症するとその機器を使う為にはコマンドの名称を変更して試行錯誤する必要がある。

例えばだ。

書斎ライトをつけて。と云うコマンドは一発で通る。

ところがデスクライトを付けて。と云うコマンドはまったく認識しない。

こうなるともうお手上げなので、とにかく命令を変更しなければならない。デスクライト付けて、から、机のライトを付けて、と云う具合にだ。このように反応しやすいと云うか認識しやすい名前があるようで、それに当たるまで延々と試す必要がある。

■スマート機器の数が多すぎるともう何が何だか分からない

これは上記の名称問題と合わせ技になってくるのだが、echoが認識しやすい名前に変えていると、段々と何が何だが分からなくなってくる。

例を挙げよう。

リビングルームに2個の間接照明を設置してあるとしよう。

他の部屋からコントロールすることも考えると「リビング」というのは外したくない。そこでリビングライト1とリビングライト2という名前を付けたとしよう。

これが認識しない。

どうも似たような名前が多いとechoの頭がバカになるようだ。

ウチのように各部屋に色々と設置してあると部屋の名称+機器名ということにしないともう命令を憶えておけない。ところが名前が被っているとどうも命令を理解しないケースが多くなる。そこで先ほどのようにわざわざ被りにくい命令に変更してあると最終的には人間の方がバグってワケがわからなくなってしまう。

【ひとりで喋っているとバカみたい】

僕はどちらかというと無口ではない。どちらと云えば社交的な部類に入る。
それでも部屋でアレクサに向かって命令を喋るのがかなり苦痛である。

一言で云うと「バカみたい」なのである。

アレクサ、ただいま、などとひとり玄関で喋るよりもスマホをポチポチした方が健全な気がする。

fifgifgi.jpg


【まとめ】

以上の理由から今回のechoはアマゾンに返品した。
とにかく命令を認識しないケースが多発するのでイライラした。

一言で結論を言うのなら、自宅でのスマート機器の数が5個とか少ない人は買いだと思う。

認識しない命令が出てきても名前をわかりやすく短い名称にする事も出来るだろう。僕のように30個近い機器をコントロールするのはちょっとまだ無理がある。



関連記事

コメント

非公開コメント

luna-luna

http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
catwalk1101earphone.hatenadiary.jp
【まとめ】Bluetoothイヤホンとヘッドホン・スピーカーのレビュー
https://earphon.hatenablog.jp/
【NOTE版】国産イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口オススメ
https://note.mu/lunaluna226

SPONSORED LINK

>

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

全記事表示リンク